無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1,335
2019/07/30

第3話

月島蛍との朝
あなた)ふぁ〜〜。

ケータイのアラームの音と共に私は大きなあくびをし、目を覚ました。


あなた)今日から朝練…か


マネージャーとしての朝が今日から始まる。

そう思うとあんなに不安だったけれど少しワクワクしてきた。

あなた)よーし、早く準備しなきゃ!

気合を入れ、階段を降りていく。


私は身支度を終え家を出た。

あなた)いってきまーす


今日は晴天。

天気がいいと自然に気分も上がってくる。


頑張ろう!!

私は走って学校への坂道を下っていった。



坂道を下った先には分かれ道がある。

昨日月島とここまで一緒に帰ってきた。

あなた)今日はさすがに…ないよな…


そんな考えを吹き飛ばすように鼻歌を歌いながら坂を下り、あっという間に分かれ道の前まで来た。

すると

月島)朝から元気だね

昨日と同じ声が聞こえた

あなた)えっ……

月島)……1人で鼻歌歌いながら登校とか…小学生じゃないんだし……


鼻歌を歌いながら登校しているところを、よりによって月島に見られてしまった。

すっごく嫌だ!!!!恥ずかしい!!


あなた)あ……えっと〜おはよ!やっぱこんだけ天気がいいと鼻歌が自然に出ちゃうんだよ!ね!?月島くんも、ない!?


うわあああ、私ったら何を言っているんだろう!


あなた)えっと…その…まあ、とにかく!!早く、学校行こ!?朝練遅れちゃう!


昨日の気まずさと、鼻歌がバレた恥ずかしいのを堪えてまた走っていこうとする。

あなた)じゃ、じゃあ私谷地に怒られるから!じゃあね!!

駆け出そうとすると、

月島)…あなたって面白スギ

あなた)へ??…


あの怖い月島が、月島蛍が、

ほんのちょっとだったけど、笑った



これってすごい事じゃない…!?!?


うちのクラスの女子が月島の笑顔を見ようと何回も粘っているところを私は見た事がある。

なんか…すごい罪悪感……


でも、ちょっと嬉しいかも…!


あなた)…月島くんもそんなふうに笑うんだね!なんか、見た事なかったから新鮮かも


…はっ!

笑顔を見れた嬉しさからつい本音が口に出てしまった。


あなた)あっ、ご、ごめんね!?その、私まだ全然、月島くんと話したこともないし見た事なかっただけっていうか!!月島くんが無愛想とかそーゆうわけじゃ………


月島)…いいよ、蛍で

あなた)えっ………


急に言われてあたまがついていかなかった。


月島)ねえ

あなた)あ、はい!

月島)蛍でいいよって言ってんじゃん…何回も言わせないでよ


あ、名前か、


えっ

下の名前???


急に下の名前とか、レベル高くない!?


蛍なんて、日向たちでさえ呼んでいないのに。



それになんか、恥ずかしい。


あなた)あの……呼び捨てで良いって言ってくるのはすごく、嬉しいんだけど

月島)?…


あなた)なんかちょっと…まだ恥ずかしいっていうかレベルが高く…て……月島…じゃだめですか?

月島)………恥ずかしい?


月島がムスッとした顔をした

あなた)う、うん…ちょっとね


やばい、これって月島怒らせたかな?…


月島)……何が恥ずかしいのかよくわかんないんだケド

月島はムスッとした顔をやめない。


あなた)恥ずかしいっていうか、まだ仲良くないのに下の名前で呼び捨てっていうのは…私的にはまだ早いかな、って思って…


あれ、もっと怒らせちゃったかな?…

私が戸惑っていると

月島)…じゃあ、仲良くなればいいんデショ


な、な、、

なんてストレートな…!?!?!?


あなた)そ、そうだね!もっと、仲良くなってから、だね!!そしたら、ちゃんと下の名前で呼ぶから!!


私はとりあえず、蛍ではなく、月島と呼ぶことにした。


そしてそこから月島と学校まで登校し、体育館に入っていった。

すると


日向)月島ーーー!!

月島に日向が飛びつこうとした。

日向)あれ、今日は山口と一緒じゃなかったんだな…って!?あれお前、あなたと一緒に来たのかよ!?


やばいっ!

なんか誤解されそうだけど…

月島)途中から合流したんだよ あと、鬱陶しいから飛びついてこないで

日向)へー!意外と仲良いんだなあなたと月島!

ホッ……普通に友達だと思われてるみたい

よかった…

日向)けど、月島が女子と絡むなんて珍しい…もしかして、あなたが本命だったり!?


え…!?!?

日向がそう言って、私が否定しようと月島の方を見ると


あなた)月島………???

月島の顔は真っ赤。

日向)……え顔真っ赤…ごめんそれ本当だった…?

日向が月島の顔を覗き込みながら問いかけた。


月島)…んなわけないじゃんこんな、馬鹿みたいなマネージャー しかもさっき会った時鼻歌…

あなた)…はっ!!…月島!!!それ以上言わないでくださいいい!!

月島)あぁ、ごめんあなたまだいたんだ

またいつもの、クールで意地悪な月島に戻った。


さっきの表情はなんだったんだろう…?


日向)まーいいや!月島!早く練習始めようぜ!今から影山にトスあげてもらうからブロックしてくれよ!!

月島)チョット、引っ張らないでよ単細胞

日向)はぁ!?



……深くあの表情について考えてしまうようになった…