無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

477
2021/01/24

第5話

帰宅したぞ
スビンside




落ち着かない




ソヌもずっと家の中をウロウロしてる




さすがに怒られそうだから迎えには行かなかった




カチ… カチ… カチ…




静かな家に時計の音がなる




ソヌが口を開いた




ソヌ 「ねぇ、ヒョン これまでずっとさ2人で争ってきたじゃん?」




スビン 「あぁ」




ソヌ 「…決着、つけようよ」




スビン 「…決着?って…」




ソヌ 「お互いに、真剣に、告白しよう」




スビン 「なんでいきなり…」




ソヌ 「だって、モヤモヤするんだもん!ヒョンだってわかってるでしょ!? あなたヌナがいつ、誰のものになっちゃうのか!」




珍しくソヌが声を荒らげた




ソヌ 「嫉妬にまみれて!おかしくなりそうなくらい!ヌナのことが好きなのに!」




スビン 「止めとけよ!あいつはまだ、気づいてない」




スビン 「俺らが告白したらどうなる?今みたいに、3人で一緒にゲームしたり、ご飯食べたり、出来なるなるんだぞ!?」




スビン 「それに…あなたが俺ら2人の中から選ぶとは限らないんだ…」




ソヌ 「分かってるよっ!だけど、高校に入って、他の男に関わる機会がもっと増えるから、だからっ」




ガチャ




…やばい




あなた 「ただいまぁ」




あなた 「え、何 この雰囲気…」




ソヌ、めっちゃ拗ねてるし…




あなた 「…ケンカしたの?め、めずらしいね…?」




あなたは明らかに戸惑ってる




スビン 「…いや、まぁ、気にしないでいいよ」




スビン 「おかえり…」




俺はそう言ってあなたの頭をそっと撫でた




するとずっと俯いてたソヌがいきなり立って、




ソヌ 「ヒョン!とにかく僕はやるから!分かった!?」




そう言って出ていった




あなた 「ソヌや!」




何が何だかわからないあなたを残して




俺は何も言わずにあなたの家を出た








・・・・・・・・・・・・・・・・・・




あなたside




何…?



2人がケンカしてる所、初めてみた




こんなの予想してなかったよ…




学校から帰ったら、どうだった?楽しかった?って




笑顔で聞いてくれると思って、




何話そうかなぁって考えながら帰ってきたのに!




『とりあえず、僕はやるから!』ってなんの事?




き、気になる…













__________________




こんにちは!
作者の りこ🥂💍 です!




コメディっぽくしたかったんですけどねぇ




なんせ、作者が面白くないのでw




難しいので、コメディ要素は減りそうです…笑




そしてそしてそして




もう1人、学校のクラスメイトでイケメン出しちゃおっかなぁ




誰にしようかなぁ




となっております




アンケートを取るにはまだ読者様が少ないので、




こちらで勝手に決めさせていただきます…🙇‍♀️




私のI-landの推しぴを出しちゃいます…(/ω\*)




♡と☆、押してくださいね!




それでは!続きもお楽しみに〜