無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

ジョンハンside








































俺はこれからあなたっていう腹違いの妹と一緒に住むらしい











迎えに行ってやるか































































あなた宅

ぴーんぽーん































































you.
you.
はーい





















































































玄関から顔を出したのはとてつもない美少女で




































俺はあなたに一気に引き込まれていったんだ






























見れば見るほどかわいくてしばらく見とれているとあなたがなにか独り言を言ってる





































































え、俺が推しなの









































































































がちでうれしいんですけど









































これから一緒に住むとかマジで理性もつかな…






メンバーにも襲われないように気を付けないとな









































おっぱ呼びって言ったのはあなたが可愛すぎたから…なんて言えない




you.
you.
ジョンハンおっぱ!














おっぱ呼びするだけでなんでこんなにかわいいんだよ
























































あなた、おまえ、まじかわいすぎねぇか