無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ー君を待ってるー
君を待ってる/King&Prince
公園のベンチで座ってる
子供がいる 一人ぼっちで
その少し遠く
ほかの子たちは輪を描いて遊んでいる
横目に見えてるけど
誰も声をかけない
目に見えない大きな壁が
人と人の間にあるらしい

世界を変えよう!
切り開け輝く未来
きっと君を待ってる
不器用に何度もつまずいたって
夢は叶えられる
いつの日か じゃないよ
今ここからさ その壁ぶち壊せ
きっと新しい明日が
君を待ってる 今踏み出そう
必要ないですと言われながら
生きてるようだ 一人ぼっちで
その少し遠く セカイは今日も
輪を描いて騒いでいる
新しい時代が来る…
他人事に聞こえる
皆が言うのと違っていい
君の中の シーソーが揺れるような
話をしよう!
誰かが囁くほど 悪い世界じゃない
優しい乗り物だけの遊園地じゃ
つまらないから
何度でも
淋しさを乗り越えたなら
その壁の向こうには
きっと新しい明日が
君を待ってる さあ踏み出そう
10年前になりたかった自分に
今慣れていますか?そう聞かれたら
10年後の君はなんて言う?
さぁ踏み出せ!!
世界を変えよう!
切り開け輝く未来
きっと君を待ってる
不器用に何度もつまずいたって
夢は叶えられる
いつの日か じゃないよ
今ここからさ その壁ぶち壊せ
きっと新しい明日が
君を待ってる 今踏み出そう