第20話

No.20
9,859
2021/08/05 03:56
爆豪勝己
おい、こっちにテメェにそっくりなやついんぞ
あなた

え?どれ?

爆豪勝己
こっちこい







大きな水槽の中で泳ぐ魚たちを見ていると、勝己くんがそう言って私に手招きする。





私みたいなやつ、ってなんだろ。





彼は私が側に来たのを確認すると、小さな水槽の中にいる生き物を指さした。







爆豪勝己
ほら、こいつ
あなた

...








クリオネじゃねえか。







あなた

一応聞くけど、どこが私にそっくりなの?

爆豪勝己
ちっせぇところ







悪口じゃねえか。







あなた

チビじゃないもん

爆豪勝己
俺から見たらチビだわ
あなた

勝己くんの身長が高いだけでしょ








もう、すぐにそういうこと言うんだから。





勝己くんはムクれている私を見て、可笑しそうに笑った。







あなた

じゃあこの子は勝己くんにそっくりだよね

爆豪勝己
あ?
あなた

ほら








そう言って、私はある水槽を指さす。





そこにいた生き物を見て、勝己くんは顔を顰めた。







爆豪勝己
おい。なんでハリセンボンと俺がそっくりなんだよ
あなた

見た目

爆豪勝己
どこがだ







だってそっくりじゃん、見た目。







あなた

どっちもトゲトゲしてるとこ

爆豪勝己
アホか







髪の毛ツンツンじゃん。





ほら、ハリセンボンもトゲトゲでツンツンしてる。







あなた

あとすぐに怒るところ

爆豪勝己
ア"ア"!?怒らねえわ!!







怒ってるじゃん。





と、水槽の中にいたハリセンボンが、ぷくっ、と膨れた。





まるで、勝己くんに威嚇するように。







爆豪勝己
おいテメこらクソハリセンボン!すぐ怒ってんじゃねえ!!







ハリセンボンにそんなこと言ってもねぇ...。





というか、ただ勝己くんのことが恐いだけなんじゃ...。





いや、言うのはやめとこう。







あなた

もう...勝己くん。ハリセンボンにそんなこと言っても通じないよ?

爆豪勝己
うっせ。わぁーっとる







そう言いながらも、彼はハリセンボンを睨みつけたままだ。





なんでハリセンボンにムキになってるんだか。







あなた

あ、ほら勝己くん。こっちはナマコ触れるんだってさ。せっかくだし触ってみなよ

爆豪勝己
んでだよ
あなた

あ、いや、無理ならいいよ。誰だって触れないものはあるだろうし...

爆豪勝己
舐めんじゃねえ触りコロス







ハリセンボンの水槽から離れてこちらに歩いてくると、勝己くんはナマコが入っている水槽の中に手を突っ込んだ。





それからナマコを持ってドヤ顔をする彼の姿を見て、私は一枚だけ写真を撮っておいた。

プリ小説オーディオドラマ