無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

224
2021/04/08

第22話

S×M
潤side
松本潤
松本潤
ンンゥ……アッ…ハァッ…イクッ///
ビュルッ
松本潤
松本潤
はぁはぁ///
だめだ……足りない…
松本潤
松本潤
ハァッハァッ……アンッ…しょおくん……俺のこと…放置しないでよ………あぁぁぁっ///
ビュルッ
あれから俺は手が自由になったのをいいことに自慰行為を続けた。
深夜2時……………
松本潤
松本潤
アンッ……ハァッ…アアッ///
ビュルッ
松本潤
松本潤
はぁはぁ///
松本潤
松本潤
あの媚薬、どんだけ効果あんだよ………
俺のモノは、これだけ欲を吐き出したにも関わらず、今も刺激を求めている。
だけど、最初よりは体の疼きが少し落ち着いた。
松本潤
松本潤
はぁはぁ……ふぅ〜
呼吸を整えながら、触りたい欲を抑えた。
櫻井翔
櫻井翔
アアッ……ハァッハァッ…潤ッ……イクッ///
松本潤
松本潤
へっ?
翔くん……もしかして、一人でヤってる…?
リビングからは翔くんの声が漏れていた。
松本潤
松本潤
翔……くん?
媚薬で力が入らない体をなんとか起こし、リビングに行って翔くんに声をかけると……………
櫻井翔
櫻井翔
えっ!?じゅ……潤!?
松本潤
松本潤
………翔くん………
櫻井翔
櫻井翔
見ちゃった?///
松本潤
松本潤
あっ……えっと、声が寝室まで聞こえてた……///
櫻井翔
櫻井翔
そう……///
沈黙がしばらく続いた。
松本潤
松本潤
しょおくん……?
櫻井翔
櫻井翔
ど、どうした?((動揺
俺は翔くんの上に跨り……………
松本潤
松本潤
ヤろ?///
そう言った。