無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

245
2021/04/04

第21話

S×M
松本side
なんだろう……体がウズウズする…
松本潤
松本潤
ンッ…ハァッ……ハァッ///
櫻井翔
櫻井翔
潤?どうしたの?
松本潤
松本潤
ハァッ…翔…くんッ……///
櫻井翔
櫻井翔
ん?
松本潤
松本潤
なんか……入れたでしょ…アッ///
櫻井翔
櫻井翔
よく分かったね((ニヤッ
俺は翔くんに持ち上げられ、ベッドに連れて行かれた。
そして俺の手を縛った。
松本潤
松本潤
翔…くん?なに……してるの?アンッ…///
櫻井翔
櫻井翔
ん?潤を放置するの♡
松本潤
松本潤
へ?俺……放置はヤダよ?翔くんと気持ちよくなりたい…///
櫻井翔
櫻井翔
どこまで我慢できるかなぁ〜
松本潤
松本潤
えっ…ちょっ……ンッ///
翔くんは俺のモノを触ってきた。
松本潤
松本潤
ンッ…ハァッ……アンッ///
松本潤
松本潤
翔くっ……やめっ///
櫻井翔
櫻井翔
やめないよぉ〜((ニヤッ
強めに握り、上下に扱く。
松本潤
松本潤
アッ…アアアッ…ハァッ…イクッ///
櫻井翔
櫻井翔
(モノから手をはなす)
松本潤
松本潤
んぇ?なんで……やめるのッ…アッ///
櫻井翔
櫻井翔
言ったでしょ?放置するって((ニヤッ
そう言って、ベッドから離れ、俺の様子を見ている翔くん………
松本潤
松本潤
翔くん……行かないで…俺のこと、気持ちよくしてよ……アッ…ハァッ///
早く俺のモノを楽にしてもらいたくて、頼んでみた……………けど、翔くんの返事は俺が思っていた返事と違った。
櫻井翔
櫻井翔
そんなこと言っても無駄だよ?
櫻井翔
櫻井翔
放置するって決めたんだから
そう言い残して、翔くんは寝室を出ていった。
縛られているせいで余計に興奮するし、自慰もできない………
松本潤
松本潤
ンッ…ハァッ……翔くん…早く来てよ……アッ///
もどかしくて膝を擦り合わせているけど、逆効果で……余計に体がウズウズする…
松本潤
松本潤
ンンゥ……ハァッ…アッ…翔くん……アアッ///
寸止めされた俺のモノは先からダラダラと体液を出している。
翔くん……早く来て……
10分後
ようやく寝室のドアが開いた。
松本潤
松本潤
翔…くん……これ、解いてよ………
櫻井翔
櫻井翔
どうしよっかなぁ〜。あっ、でもイかないで、我慢してたから、解いてあげようかな((ニヤッ
そう言って、手首を縛っていた紐を解いた。
櫻井翔
櫻井翔
また放置ね((ニヤッ
松本潤
松本潤
えっ………行かないで…しょおくん……
俺の言葉を無視して翔くんはまた寝室を出ていった。
翔くんのところに行きたい………でも媚薬のせいで体に力が入らない…
どうすることもできずに、結局、自慰行為をはじめた。