無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

339
2021/03/06

第4話

O ×N
智目線
和を連れて俺の家に向かう。
エレベーターに乗ったところで和を引き寄せた。
大野智
大野智
((グイッ
二宮和也
二宮和也
え……ちょっと……
大野智
大野智
((チュッ(Dキス)
二宮和也
二宮和也
んんっ!!
二宮和也
二宮和也
さ、智ッ……んっ…人、来ちゃう……///
大野智
大野智
((プハッ
誰も乗ってこないよ……
大野智
大野智
チュッ……
キスをして力が抜けた和を抱っこして家の中に入った。
大野智
大野智
ベット行こうね((ニコッ
ドサッ
大野智
大野智
眠かったら寝ててもいいからね。
大野智
大野智
俺、お茶入れてくるから
二宮和也
二宮和也
うん……
キッチン
大野智
大野智
確か、ここに………あった((ニヤッ
大野智
大野智
媚薬、入れちゃお〜
ニノ目線
なにやら、ニヤニヤしながら戻って来た智……すっげぇ嫌な予感がするんですけど……
大野智
大野智
はい、どうぞ。
二宮和也
二宮和也
ありがとう……
智に渡されたお茶をなんの疑いもなく飲み干した。
二宮和也
二宮和也
((ゴクゴクッ
大野智
大野智
ねぇねぇ、トランプしない?
二宮和也
二宮和也
へっ?
大野智
大野智
えっ?嫌だった?
二宮和也
二宮和也
いやっ、いいよ。
心のどこかで期待してしまった。お仕置きするんじゃないのかな。
しばらくババ抜きをしていると、息が荒くなってきた。
二宮和也
二宮和也
ハァハァ……///体が熱い……///
大野智
大野智
和?どうしたの?顔、真っ赤だよ。熱でもあるのかな?
智が俺のおでこを触る。
二宮和也
二宮和也
ヒャァァァ///
大野智
大野智
えっ、おでこ触っただけだよ?どうしたの?((ニヤッ
二宮和也
二宮和也
さ、智ッ///お茶に媚薬、入れたでしょ!!///
大野智
大野智
フフフッ。和は勘が鋭いねぇ〜((ニヤッ
大野智
大野智
さてと、お仕置きの時間だよ……