無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

2人の出会い〜過去編3〜
すとぷりメンバーともコラボして、ななもり。さんとは仲良くなった。もちろん他のすとぷりメンバーとも仲良くなったけど…ななもり。さんとの方がよく会ったり、話したりする。
(なまえ)
あなた
早く来すぎちゃったな…
今日は株式会社STPRに来ている。ななもり。さんに相談したいことがあったから。
(なまえ)
あなた
確か…社長室に居るって…(そういえばななもり。さんって社長だったんだっけ…堅苦しくないからあんまり社長って感じがないな…)
社長室のドアをノックしようとしたら社長室の中から呻き声のようなものが聞こえた。
(なまえ)
あなた
…なんだろう
とりあえず社長室のドアをノックする。
コンコン
ななもり。
ななもり。
…!あ、はい
(なまえ)
あなた
失礼します…
ななもり。
ななもり。
あ!ごめんね!相談したいことがあったんだよね?何?
(なまえ)
あなた
(ななもり。さん無理してるな…泣いた跡がのこってるし…)
(なまえ)
あなた
ななもり。さん、無理しないでください…
ななもり。
ななもり。
え?してないよ?
(なまえ)
あなた
泣いた跡残ってますよ?
ななもり。
ななもり。
……
(なまえ)
あなた
どうしたんですか?
ななもり。
ななもり。
……
(なまえ)
あなた
すみません…話したくないなら大丈夫です…
ななもり。
ななもり。
…俺ってさ…すとぷりに居る意味あるのかな…?
(なまえ)
あなた
えっ?
ななもり。
ななもり。
もう、嫌なんだよね…俺のせいですとぷりやメンバーが嫌な気持ちになるの…
(なまえ)
あなた
…なんでそう思うんですか?
ななもり。さんがスマホを見せてくる。
(なまえ)
あなた
…っ!
アンチ
すとぷりとかマジでゴミ!
アンチ
メンバーも対してすごくないのに調子に乗ってんじゃねぇよ!
アンチ
歌が下手、ブサイク、面白くない
(なまえ)
あなた
(酷いことが書いてるな…)
あなたはすとぷりの悪いコメントを見て胸が痛んだ。そして、すごく酷いコメントが書かれていた…
アンチ
特にななもり。がいらない
アンチ
ななもり。は何もできない
アンチ
ななもり。がすとぷりに居る意味がわからない。ってかすとぷりに居る意味ない
(なまえ)
あなた
…っ!(酷い…!)
ななもり。
ななもり。
…っ俺、さっ…もう、すとぷりに、居る…意味が…わかんないよっ…!
ななもり。さんは声を殺して泣いていた。
(なまえ)
あなた
(辛かったんだろうな…今まで…ななもり。さん1人で頑張っていたんだな…)
ななもり。
ななもり。
もう、俺…すとぷりに…居る意味ないよね…辞めるよ…
ハハッっと自嘲して笑うななもり。さん
(なまえ)
あなた
…な、何言ってるんですかっ!ななもり。さんがいなくなったらっ…!
ななもり。
ななもり。
あなたちゃんにはわかんないよっ!
(なまえ)
あなた
ビクッ
ななもり。
ななもり。
あ…ごめん…
(なまえ)
あなた
(確かに私にはわからない…でも…)
(なまえ)
あなた
ななもり。さん、今から酷いこと言いますね
ななもり。
ななもり。
えっ?
(なまえ)
あなた
バッカじゃないの?
ななもり。
ななもり。
えっ?( ゚д゚)ポカーン
(なまえ)
あなた
そんな悪口言われたぐらいですとぷり辞めんの?
(なまえ)
あなた
そりゃあさ、アンチとかに悪口言われたら辛いよ?でもさ、辛いからって、逃げるの?
(なまえ)
あなた
それにアンチなんてさ、現実でストレスの溜まって発散できない人ストレスを発散させるためにやってるのがほとんどだよ。しかもアンチしている人なんてほんの一部にしかすぎないよ?
(なまえ)
あなた
すとぷりが好きで応援してくれている人がたくさんいるのにこんな一部の人に負けるの?すとぷりのことを応援してくれるリスナーさんに失礼じゃない?
(なまえ)
あなた
ななもり。さんはすとぷりに必要不可なんだから胸張ってよ!こんなアンチの人たちに負けないでよ!リスナーさんを裏切らないでよ!
ななもり。
ななもり。
…!
ななもり。
ななもり。
俺は…すとぷりに居たいっ…!もっともっとみんなと居たいっ…!もっともっとリスナーさんを喜ばせたいっ…!
(なまえ)
あなた
なーくん!
ななもり。
ななもり。
…っ!(初めてあなたちゃんに『なーくん』って呼ばれたな…)
(なまえ)
あなた
かまそっ!
ななもり。
ななもり。
.…っ!うんっ…かます!
(なまえ)
あなた
そんな1人で悩まないでくださいよ!ななもり。さんは1人じゃないんですから!リーダーだからって弱音を吐いたりしてはいけないってことはないんですよ!
ななもり。
ななもり。
うん!ありがとう!
(なまえ)
あなた
すみませんでした…失礼なこと言って…
ななもり。
ななもり。
いや、目が覚めたよ…本当にありがとう!
(なまえ)
あなた
よかった!(*´▽`*)ニコッ
ななもり。
ななもり。
(可愛い///)
ななもり。
ななもり。
あ、それとさ俺のことなーくんって呼んでよ!
(なまえ)
あなた
いいんですか?
ななもり。
ななもり。
そっちの方が嬉しい!
(なまえ)
あなた
わかりました!
ななもり。
ななもり。
(俺…1人じゃダメなんだ…誰かがいてくれないとダメなんだ…あなたの名前ちゃんが側に居てくれたらいいのにな〜)
ななもり。
ななもり。
あれっ?
(なまえ)
あなた
どうしたんですか?
ななもり。
ななもり。
なんでもないよ!
ななもり。
ななもり。
(あなたちゃんと居ると心が落ち着く…あなたの名前ちゃんと居ると楽しい…あなたの名前ちゃんの前だと本当の自分でいれる…)
ななもり。
ななもり。
あ…俺、あなたちゃんのこと好きなんだ…(小声)
(なまえ)
あなた
何か言いました?
ななもり。
ななもり。
大丈夫だよ!
(なまえ)
あなた
なんか甘いもの食べませんか?
ななもり。
ななもり。
いいね!行こうか!(今はまだ…この距離感でいたい)
雲外蒼天
雲外蒼天
次回もお楽しみに♪