無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

320
2020/06/08

第6話

第6話 ライバルにはまけないから
ジェル
ジェル
あなたー!おはよーう!
あなた

ジェル!迎えに来てくれてありがとうね!

ジェル
ジェル
ええんやで。資料できたん?
あなた

うん、なんとかね。さとちゃんがノートつくってくれてて。スムーズにすすんだ!

ジェル
ジェル
それは良かった。がんばっててえらいな
あなた

えへへ。ありがとね!

学校到着
莉犬
莉犬
あー!あなた!おはよう!!
あなた

莉犬!おはよーう!

ジェル
ジェル
莉犬、俺におはようは?
莉犬
莉犬
あ、ジェルいたんだおはよ
ジェル
ジェル
冷たくね?wwww
あなた

それな冷たいwwww

るぅと
るぅと
あ、みんなおはようございます!
あなた

るぅともいたのね!おはよう!!

るぅと
るぅと
そう言えばあなた、さっきなーくんに会ったんですけど、昼休みにあなたのクラスに資料取りに行くって言ってましたよ。
あなた

あ、ほんと!了解。ありがと!

ジェル
ジェル
早く教室いくでー。はい後輩たちもいったいったー
莉犬
莉犬
ぐぬぬーあなた、またね
るぅと
るぅと
またこんど
あなた

うん!またね!ジェルいこ!

ジェル
ジェル
おう!
昼休み
あなた

あーやっと昼休みだ、、
お手洗い行こうかな、、

クラスメイトの女子
クラスメイトの女子
ねえ、あなたって子、ずっと男子といるよね
クラスメイトの女子2
クラスメイトの女子2
それな?もしかしてたらし??w
クラスメイトの女子
クラスメイトの女子
それはウケるww
女子の友達いないのかなあ
あなた

、、、

クラスメイトの女子2
クラスメイトの女子2
まあ見た目も特別可愛い訳じゃないし、幼なじみか何か?
クラスメイトの女子
クラスメイトの女子
みんなしょうがなく周りにいてあげてるだけかもねw
あなた

(ズキ)

私は気づいたら泣いてた
あなた

そう、だよね。私なんかに構ってくれてるのは幼なじみだからしょうがなくだ。

あなた

バカだわたし、勝手にみんなのこと親友だって思ってた

なみだがとまらなかった
もぶ男
もぶ男
ん、あなたちゃん?、、どうしたの?
あなた

あ、もぶ男くん、、

もぶ男
もぶ男
大丈夫?涙ふいて?(ハンカチ差し出す)
あなた

ありがとう、、

もぶ男
もぶ男
とりあえず人目のつかないところに行こうか。泣いてるところ見られたくないでしょ?
あなた

うん、、

屋上
あなた

ほんとにありがとうね、

もぶ男
もぶ男
いいんだよ。なんで泣いてたの?
あなた

、、それは、、

もぶ男
もぶ男
ん?いってみ?(ちかづく)
あなた

!?も、もぶ男くん近くない、!?

ななもり。
ななもり。
なにしてんの?
あなた

あっ、なーくん、

もぶ男
もぶ男
生徒会長、、
ななもり。
ななもり。
もぶ男くんだっけ?君。悪いけどあなたに近づきすぎないでくれる?
もぶ男
もぶ男
そういうつもりじゃ、、
ジェル
ジェル
あなた、いまのうち(小声)
あなた

ジェル、!(小声)

ジェル
ジェル
なーくんが時間稼いでくれてるから。あっちいこ
あなた

う、うん

数分後
ななもり。
ななもり。
で、なんであーなってたわけ?
なーくんの目がすごく怖かった
あなた

それは、わたしが泣いてたら、人目につかない所に行こうっていわれて、それで、、

ジェル
ジェル
なんで泣いてたん?
あなた

、、それは、、、

ジェル
ジェル
いってみ?
あなた

クラスメイトの女の子たちが、私がなーくん達に絡んでることを色々言ってて、、

ななもり。
ななもり。
うんうん、
あなた

その、私が深く考えすぎちゃって、、幼なじみだからしょうがなく絡んでくれてるだけだって思えてきちゃって、

気づいたら泣いていた
ジェル
ジェル
あなた、、
ななもり。
ななもり。
(あなたの頬に触れてハンカチで涙を拭ってくれた)あなた、泣かないで。幼なじみだから仕方なく絡んでるわけじゃないよ。
ジェル
ジェル
そうやで。みんなあなたのことが大好きやから毎日話したり一緒に帰ったりしてるんやで?
ななもり。
ななもり。
俺に出来ることあったらなんでも言って。
ひとりで溜め込むのもよくないんだよ。
泣いていいんだからね。
ジェル
ジェル
そうそう。俺達のこと少しは頼って。機嫌直してな。
あなた

、、ふたりとも、ありがとううぅぅ、、

私はしばらく泣いていた


つづく