第4話

相違
439
2022/11/16 11:00
葵衣
葵衣
おい、ふざけんなよ!
昼休みの中庭で、俺は思わず声を荒げた。
いつも通り、どこに行こうとも
俺の弁当を食う場所をぎつけてはやってくるあの三人。
当たり前のように一緒に昼飯を食うようになった村宮に
とある書類を見せられた俺は激怒した。
葵衣
葵衣
何勝手に人の名前書いてんだよ!
許可してねぇだろ!
周
一緒に二人三脚やろ!
葵衣
葵衣
やんねーよ!
司
体育祭で宮ちゃんと走れたら
いい思い出になるんじゃない?
葵衣
葵衣
なんねーよ!
周
すごい! 韻踏んでる!
司
リズムゲームあんなにボロ負けだったのに
成長したね……
葵衣
葵衣
今すぐその口縫い付けてやろうか
司
やだアイアイってば強引なんだからぁ
もっと優しくして?
シャツの胸倉むなぐらをつかんで揺さぶっても、
腹立つ反応しか返ってこねぇ。
その和田の手からひったくった紙に改めて目を通す。
でかでかと書かれた『体育祭種目』の文字。
【二人三脚】の参加者記入らん
そこに勝手に書かれた自分の名前。
葵衣
葵衣
そもそもまだクラスでも
話し合ってねぇだろこれ。
なんでお前らがこの紙持ってんだよ
司
あ、ボクと宮ちゃん
体育祭実行委員だから
葵衣
葵衣
職権乱用しょっけんらんようすんな
名前が書かれているのは、二人三脚の欄のみ。
俺と……。
葵衣
葵衣
なんでペアの相手が
村宮になってんだよ
周
え? やろうよ!
葵衣
葵衣
やんねぇって!
司
なんでなんで?
誰ならいーの?
葵衣
葵衣
なんで二人三脚はやる前提なんだよ!
周
二人三脚って楽しいよ!
司
二人で力を合わせて前に進むあの感じ、
たまんないよねー
葵衣
葵衣
じゃあそこ二人でやりゃいいだろ!
司
ボクは違うの出まーす
葵衣
葵衣
俺も違うの出る予定なんだって!
話が通じねぇなほんとに!

何見てんだよ三浦!
俺の名前と書きかえてやろうか!
司
セッチは? 何にする?
成也
成也
あー……100
司
おっけー。
じゃあここにもアイアイ入れとくね
葵衣
葵衣
だからなんでだよ!
司
あれ? アイアイやりたいんじゃなかったの?
和田に言われ、思わず黙る。
反射で突っ込んでしまったが、
本当に俺がやりたかったのは100m走だった。
何の変哲へんてつもない、数秒走れば終わる
この競技が俺の十八番おはこなのだ。
司
意外と人気なんだよねぇ、100m走
葵衣
葵衣
う……
確かにそうだ……。
去年もじゃんけんで決めてたのを覚えてる。
司
ま、でもボクらに任せて
葵衣
葵衣
え……
周
へへ、じゃあウチのクラスの100m走は
あおいとせいやで決定ね!
葵衣
葵衣
い、いいのか……?
周
いーの!
このために僕ら
体育祭実行委員になったんだもん
司
去年はセッチが好きな種目
できないってなげいてたからね
葵衣
葵衣
神か……?
話が通じないとか言って悪かった……!
お前らはいいやつだよ!
職権乱用しょっけんらんようも全部悪いってわけじゃないもんな!
周
じゃああおいは、二人三脚と100m走ね!
葵衣
葵衣
おう
葵衣
葵衣
……は?
周
決定!
葵衣
葵衣
まてまてまて
周
え?
葵衣
葵衣
誰が二人三脚やるって……
司
宮ちゃん、五時間目
この話し合いだから早めに行こ~
周
そうだね!
葵衣
葵衣
ちょ、おい……!
周
またあとでね、あおい! せいやも!
成也
成也
おう
葵衣
葵衣
な……
何が『強引なのは珍しい』だよくそが!!!!!!!!!









周
じゃあ大体はこれで決まりかな~
なにか意見ある人いますかー?
興奮気味な教室内はさっきからざわざわとうるさい。
体育祭は今年初の行事だから浮足立つのは分かる。
だが今はイライラしてしょうがない。
理由は言うまでもない。
今、黒板前に立って仕切ってる村宮と和田のせいだ!
俺は毎年一種目しか出ないって決めてんだよ!
何が悲しくて何種目も出なきゃいけねぇんだ!
しかもやりたくもないやつを!
周
じゃあこれで……
一軍1
おい村宮~! お前借り物競争やろうぜ!
周
え?
一軍2
そうだよ! この学校の名物っつったら
借り物競争だろ!
周
あー……、僕二人三脚出るし、
実行委員の仕事もあるから……
一軍1
一個も二個も変わんねぇって!
なぁ、お前らも村宮の借り物競争
見たいよなー?
一軍3
みてぇー! 何借りてくんだろ!
好きな子とかだったらやばくね!?
一軍女子
えーあたし周くんになら借りられたーい!
そのまま借りパクしてー!
おーおー、人気だとこと。
女子にキャーキャーいわれるキャラなんだな、あいつ。
てかそもそも、一軍と仲いいって……。
葵衣
葵衣
(あれ、なんかあいつ……?)
はやし立てられる村宮を見ると、
笑顔なものの少しだけ表情が
強張っているような気がする。

いつもならノリノリで「いいよー!」
とか言いそうなのに。
もしくは、嫌ならいつもの強引さで
話を終わらせるとか……。
司
はーい静粛せいしゅくに~。
宮ちゃんはもう二人三脚一筋なんです~。
借り物競争もちゃんと参加者決まってまーす
司
あとミキちゃんはボクが
借りパクしてあげるから
後で体育館裏に来るように~
一軍女子
やだ~! 和田絶対変なことするじゃーん!
司
借りパクするってそういうことでしょ?
お望み通りしてあげる♡
一軍1
よかったじゃんお前w
一軍女子
あははっ! 優しくしてよー?
司
ボクを誰だと思ってるの。当たり前でしょ~?
ということで種目決め終わりまーす
和田の手を叩く音で、話し合いは終わった。
その後も一軍の連中は騒ぎまくっていたが、
村宮はそこに加わることはなかった。
葵衣
葵衣
(……あいつ、普段は自分の意見を
押し通すくせに……)
いざ自分が責められたら、弱いもんなんだな。
自己中なやつ。

プリ小説オーディオドラマ