無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

Rivalry 3


そして、

高校へ


○○「ついに高校生だね(^^)

ミンギュ「また学校生活が始まるのか~

ミンギュと私は、同じ高校になった

ミンギュ「あれ、クラス違うの?

○○「うん…

ミンギュ「まぁ落ち込むなって、すぐ友達できるよ!

○○「うん…

ミンギュ「何かあったら助けに来るから

○○「ありがとう(^^)



私は、一年一組

ミンギュは、一年三組



それぞれのクラスに入り





私の席は…

端の所の隣か…


はぁ…






?「ため息した?





○○「(ビクッ



?「図星か…。俺は、ウォヌ。よろしく


○○「私は、○○…よろしくお願いします!

ウォヌ「隣の席だから

○○「はい…


びっくりした

音もなく来たから…





HR終わり…



お昼へ


○○「お腹空いた~

ウォヌ「一緒にご飯食べよ?

○○「私で良いの?

ウォヌ「うん。ダメ?

○○「良いよ(^^)



?「おーい!○○~(机に行き

○○「はっ…恥ずかしいから…

ミンギュ「ごめん笑。ご飯食べに行かない?

○○「ウォヌくんとでも良い?

ミンギュ「…ウォヌ?

ウォヌ「…ミンギュか?

○○「…?


ミンギュ「あー!ウォヌだ~(^^)。久しぶり!

ウォヌ「やっぱりあのミンギュか

○○「…あのどういう関係?

ミンギュ「ウォヌとは、小学校の同級生で、引っ越してから会わなくなって、今にいたるって事!

○○「小学校以来会ってなかったのか…

ウォヌ「そういう事。売店行こ?

ミンギュ「行こ!





(売店行き

ミンギュ「屋上行こう






懐かしい話をして



帰りになり





ウォヌ「疲れた…

○○「私も…



?「一緒に帰ろ!


ウォヌ「相変わらず元気だな笑


ミンギュ「はは笑。今日さ、ちょっと寄って行こうよ!

ウォヌ「良いよ

○○「私も特に予定ないから…




ファミレスへ



メニューを頼み



ミンギュ「○○~、もっと食べなよ

ウォヌ○○「ミンギュが食べ過ぎ!


ミンギュ「…なんだよ二人揃って

○○「!

ウォヌ「…あのさ二人とも付き合ってんの?


○○「…いやいや

ミンギュ「え?付き合ってないの?

○○「そこまでいってないよ?

ウォヌ「ふ~ん。ミンギュ、あの彼女とは、別れたの?


ミンギュ「(ビクッ。もういいよその話は

ウォヌ「…上手くいかなかったんだ



○○side


ミンギュ彼女いたんだ

まぁ、こんなに格好良いから当たり前か

でも、ミンギュ

過去に何があったの?

急に、ご飯食べるスピードが遅くなるし



ウォヌside

二人とも付き合ってるかと思ったら

違うのか

昔の彼女が気になるのか

だってミンギュの昔の彼女は…



ミンギュside

せっかく会えたのに

まさかまた振り返されるとは


ウォヌ

昔の彼女の事は、忘れて

僕は、今の関係を貫きたい



ミンギュ「…ごめん先に帰る。また明日、


○○「え…ミンギュ!

ウォヌ「しばらく一人にしといた方が良い


○○「…

ウォヌ「…

○○「ウォヌくん…







ウォヌ「俺もさ、呼び捨てにしてくれない?




○○「あ…うん


ウォヌ「ミンギュの昔の彼女の事知りたい?



○○「え!


ウォヌ「…知りたくないなら

○○「…知りたい

ウォヌ「これを聞いたら、印象が変わるよ。それでも大丈夫?

○○「…大丈夫



ウォヌ「話すよ








next




ウォヌが登場しました!

次は、少しミンギュの印象が…。


見て下さってありがとうございます!
感想など書いて下さると嬉しいなと思います!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐶🏠🦊
🐶🏠🦊
Seventeen ミーニーよりのAll ソクミンハオブー永遠のデレ期 ホシウジコンビが可愛い のんびりと小説を書いていきます 気ままに 読んだら、感想を…いただけると やる気出ます笑!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る