前の話
一覧へ
次の話

第3話

監禁・ヤンデレ(リクエスト)
310
2022/06/21 10:51
あやか(主)
あやか(主)
なんか百合のリクエストでかっこいい系の男の子の受けみたいって言われたから作る
あやか(主)
あやか(主)
リクエストありがとう!
あやか(主)
あやか(主)
皆さんも是非リクエストしてね!
あやか(主)
あやか(主)
キャラの説明はアイコンタップでよろ!
あやか(主)
あやか(主)
どぞー!
○○学園

校門前
雫(れい)
雫(れい)
おはようございます
モブ
モブ
生徒会長///おはようございます!
雫(れい)
雫(れい)
おはようございます
モブ
モブ
おはよう!生徒会長!
雫(れい)
雫(れい)
今日は持ち物チェックの日だからね
あと、遅刻者はリストに乗せて
3回目の人には罰をあたえる
雫(れい)
雫(れい)
全校集会も今日だから急いでね
生徒会
はい!
数時間後
雫(れい)
雫(れい)
(さて、そろそろ時間だな)
璃玖(りく)
璃玖(りく)
おっはよ!零ちゃん!
雫(れい)
雫(れい)
ビクッ
雫(れい)
雫(れい)
なんだまたお前か………
雫(れい)
雫(れい)
白桃璃玖
璃玖(りく)
璃玖(りく)
そうだよ!おはよ!零ちゃん!朝から真面目で可愛いね♡
雫(れい)
雫(れい)
黙れ
何度言えば分かるんだ
髪を染めろ、ピアスをつけるな、服を乱すな、ちゃん付けで呼ぶな
璃玖(りく)
璃玖(りく)
え〜、じゃあ雫♡
雫(れい)
雫(れい)
呼び捨てをしろとは言ってない
それとお前も生徒会のメンバーなんだぞ
普通は生徒会長だろ
璃玖(りく)
璃玖(りく)
それは無理♪
雫(れい)
雫(れい)
ハァー………鞄の中身見せろ
璃玖(りく)
璃玖(りく)
はいどうぞ!
雫(れい)
雫(れい)
…………よし、いいぞ
璃玖(りく)
璃玖(りく)
ありがとうございま〜す♡
雫(れい)
雫(れい)
お前もう少し早く来いよ
璃玖(りく)
璃玖(りく)
早く僕に会いたいの?
雫(れい)
雫(れい)
違う
仕事をしろ
璃玖(りく)
璃玖(りく)
じゃあ!またクラスでね〜!
雫(れい)
雫(れい)
おいこら!
雫(れい)
雫(れい)
ハァー
モブ
モブ
生徒会長時間です///
雫(れい)
雫(れい)
え、あ、ほんとだ
ありがとうモブさん
モブ
モブ
い、いえ//////
雫(れい)
雫(れい)
遅刻者は?
モブ
モブ
いません!
雫(れい)
雫(れい)
よし
みんな教室に戻っていいよ
お疲れ様
生徒会
はい!お疲れ様でした!
教室

ガラガラ
雫(れい)
雫(れい)
おはようございます←クラス長でもある
クラスの人
おはよう!/おはようございます!
テクテク(・ω・o*)-8。。。ガタ(席に座る)
璃玖(りく)
璃玖(りく)
( ˘ω˘ )スースー…
雫(れい)
雫(れい)
……起きろ璃玖
璃玖(りく)
璃玖(りく)
( ˘ω˘ )スースー…
雫(れい)
雫(れい)
おい、起きろよ
(っ*´•ω•`*)っ(((((((´-ω-`)))ユサユサ
璃玖(りく)
璃玖(りく)
ん?あ、おはよう
雫(れい)
雫(れい)
おはようじゃない全校集会始まるぞ
璃玖(りく)
璃玖(りく)
そっか〜(´。•ω(•ω•。`)ぎゅー♡
雫(れい)
雫(れい)
抱きつかないでくれるか
璃玖(りく)
璃玖(りく)
いいじゃんもう少しだけ!
雫(れい)
雫(れい)
課題ださなきゃだろ
璃玖(りく)
璃玖(りく)
ダメ
雫(れい)
雫(れい)
………ハァー
モブ
モブ
あ!零ちょっといいか?
雫(れい)
雫(れい)
いi
璃玖(りく)
璃玖(りく)
ダメだよモブくん(*^^*)
あっち行け(モブの耳元でどす黒い声)
モブ
モブ
Σ(゚Д゚)ヒッあ、ごめんまた後ででいい!
雫(れい)
雫(れい)
そうか
モブ
モブ
じゃあな!ピューン
雫(れい)
雫(れい)
あ、おう
璃玖(りく)
璃玖(りく)
ねぇ〜零ちゃん
雫(れい)
雫(れい)
なに?
璃玖(りく)
璃玖(りく)
なんであんなやつの相手するの?
零は僕以外と喋らなくていいんだよ
雫(れい)
雫(れい)
クラス長の仕事だし、それに友達だからな
璃玖(りく)
璃玖(りく)
……ふぅーんそうなんだ
雫(れい)
雫(れい)
さぁ、集会行くぞ
璃玖(りく)
璃玖(りく)
はぁーい
集会終わった
モブ
モブ
あ!あの!
雫(れい)
雫(れい)
なに?
モブ
モブ
これ、その、待ってます!
手紙を渡された
雫(れい)
雫(れい)
なにこれ?
開けてみると



生徒会長へ

放課後体育館裏で待ってます

モブより
雫(れい)
雫(れい)

放課後行ってみるか
璃玖(りく)
璃玖(りく)
零……これ誰にもらったの?
雫(れい)
雫(れい)
え、も、モブさん
(なんかいつもと雰囲気違うよなこいつ)
璃玖(りく)
璃玖(りく)
行っちゃダメだよ零
雫(れい)
雫(れい)
なんで?
璃玖(りく)
璃玖(りく)
忠告はしたから
雫(れい)
雫(れい)
放課後

体育館裏
雫(れい)
雫(れい)
(結局来ちゃったよ……)
モブ
モブ
あ、来てくれてありがとうございます
雫(れい)
雫(れい)
いいえ
で、どうしたの
モブ
モブ
その、あの、
雫(れい)
雫(れい)
うん
モブ
モブ
私と、つ、付き合ってください!
雫(れい)
雫(れい)
………
雫(れい)
雫(れい)
ごめんなさいm(_ _)m
モブ
モブ
え、
雫(れい)
雫(れい)
でも、嬉しかったです
きっと俺より素敵な人がいるので頑張ってください
モブ
モブ
///………はい
雫(れい)
雫(れい)
それではまた明日
モブ
モブ
はい!生徒会長!
璃玖(りく)
璃玖(りく)
……(零………)
帰り道
雫(れい)
雫(れい)
テクテク(・ω・o*)-8。。。
雫(れい)
雫(れい)
(少し暗くなってしまった……璃玖の仕事をしていたら遅くなるなんて最悪だ)
雫(れい)
雫(れい)
ハァーウグ
いきなり後ろから口を布か何かで抑えられた
怖かったただそれだけ
犯人が誰かも見ていなかった
俺は倒れたそして誰かに抱えられた
??
雫……雫が悪いんだよ
璃玖(りく)
璃玖(りく)
僕の言うこと守らないからニヤ
??
雫(れい)
雫(れい)
ん?
雫(れい)
雫(れい)
こ…こは?
俺は気付くと知らないところにいた
窓がなくあるのはベットやお風呂、トイレとかだけそして扉が1つの灰色の空間まるで地下室だ
雫(れい)
雫(れい)
とにかくここから出るか……あれ?
俺は今気付いた自分の手や足が動かないことを
雫(れい)
雫(れい)
これは、鎖?
手足には鎖がしてあった
こんな感じちなみに座ってるからねBy主
雫(れい)
雫(れい)
な、なんだよこれ……
ガチャ
??
あれ?もう起きたの?
雫(れい)
雫(れい)
!?璃……玖?
璃玖(りく)
璃玖(りく)
そうだよ!璃玖だよ!
雫(れい)
雫(れい)
……璃玖!ここはどこだ!なんで俺こんなとこに…
璃玖(りく)
璃玖(りく)
え?僕が零ちゃんのこと監禁したんだよ!
雫(れい)
雫(れい)
なんで!
璃玖(りく)
璃玖(りく)
零ちゃんさ、僕行くなって言ったよね?
雫(れい)
雫(れい)
え?
璃玖(りく)
璃玖(りく)
なのに零ちゃん行ったから
雫(れい)
雫(れい)
それだけ?
璃玖(りく)
璃玖(りく)
そうだよ!
これでやっと零と2人きり!
零は誰も見なくていいの!
だって………
璃玖(りく)
璃玖(りく)
俺だけの零だから♡
雫(れい)
雫(れい)
な!お前、どうしたんだよ
璃玖(りく)
璃玖(りく)
え?もしかして怯えてるの?かわい〜♡
雫(れい)
雫(れい)
と、とにかくここからだしてくれ
璃玖(りく)
璃玖(りく)
さっき言ったでしょ?監禁したってだから出すわけないじゃん♡
雫(れい)
雫(れい)
……嘘だ……ろ…
璃玖(りく)
璃玖(りく)
まぁ今お腹空いてるだろうしご飯持ってくるね♡
璃玖(りく)
璃玖(りく)
また後でね!
雫(れい)
雫(れい)
……ここから出なきゃ
璃玖は帰ってくるのにすごく時間がかかっていたでも、好都合だった俺はそのうちにここを出ようとした
以外に簡単に鎖は外れたし、ドアになんの鍵もしてなかった
雫(れい)
雫(れい)
(これなら出れる!)
(-д-`*)“o(・∀・c)㌧㌧
雫(れい)
雫(れい)
ビクッ……え?
璃玖(りく)
璃玖(りく)
何してるのかな?
雫(れい)
雫(れい)
璃玖!?
璃玖(りく)
璃玖(りく)
僕さ、零のこと信じてたんだよ?
雫(れい)
雫(れい)
……
璃玖(りく)
璃玖(りく)
零はどんなに鎖が脆くても、扉に鍵がかかってなくても絶対出ないって
雫(れい)
雫(れい)
!?(あれは……全部罠……)
璃玖(りく)
璃玖(りく)
でも、残念……やっぱり自分が誰のものかってわからせる必要があるね♡
雫(れい)
雫(れい)
え?(な、何する気だこいつ……)
俺はまたあの部屋に戻ってきてしまった
そして、今度は鎖を付けられることはなく
ベットに連れていかれた
ギシ

ベットの上で馬乗り状態の璃玖
俺は、いったい何をされるんだ……
あやか(主)
あやか(主)
終わり!
あやか(主)
あやか(主)
みんなどうだったかな?
あやか(主)
あやか(主)
次回は🔞入るよ!
あやか(主)
あやか(主)
リクエスト待ってます!
あやか(主)
あやか(主)
おつあや!