無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

38
2021/08/06

第23話

第23話
ダンッ

あれから数日ほど経ったが
一つ分かったことがある
彼奴等は数時間の休憩と数十分間の進行を
繰り返してくる、そしてその波は
時間が経つごとに強くなる

チ「ショッピ!カバー頼む!」

ショ「クソっどけやお前ら!
チーノすぐ行く、頑張れ!」

トン「いや、ショッピ君はこっち
守ってくれ!俺がカバーはいる!」

ロ「大先生真面目にやっとるんか!?」

鬱「やってる、やってる!
あっちょ待って死ぬ死ぬ死ぬ!」

コネ「あっ大先生!逃げんな!」

シャ「コネシマかまってる暇ねぇぞ!
ヤバイヤバイ!」

グル「私はいつになったら
参加出来るのだ?」

トン「なんで総大将がそう簡単に
出てこようとするんですかね!」

コネ「シャオロン扉前行ってくれ!
突破される!」

シャ「オッラァ!近接武器なさすぎん? 
めっちゃ戦いづらいんやけど!」

ロ「文句言うなよ!お前ら!」

チ「ヤバいってトントンさん早く!」

トン「アカン、ちょっと待ってくれ
こっちギリギリや」

チ「もう無理なんですけど速射でも対応
できなくなってきとるし〜」

シャ「コネシマ行ける?」

コネ「お前、目ぇついとるか?」

シャ「まぁ行けへんよね〜
ただでさえボロボロなのに」

ロ「大先生あと任せた!
カバー入ってくるわ」

コネ「ロボロナイスゥ〜!」

グル「(´・ω・`)」

鬱「ちょっと置いてかんといてよぉ」

トン「大先生!そんなこと言ってる暇
あったらはよ倒せやぁ!」

狂犬組「こっちあらかた終わったで〜」

ロ「ならこっちのヘルプ来いやぁ!」

狂犬組「まだ終わっとらへんかったんか」

ロ「多分こっちが今回のボスキャラやで」

チ・ロ・狂犬以外 「こっちも終わったから                    
ヘルプ入るで」

シャ「硬っ、なんかこいつら段々
硬くなっていっとらん?」

コネ「そりゃ相手さんは殺す気満々やで」

トン「クッソ、アカン、全然効かへん」

鬱「えー僕もう帰ってええ?」

コネ「ええわけ無いやろ!大先生!」

トン「まぁはよ倒してグルさん
かまってやらんとあかんからなぁ」

ロ「まぁしんでくれや」