無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
12
2021/05/16

第1話

1
私は、華恋(かれん)
今年の春から高校生だ。
私は、正直恋愛に興味が無い。
周りがカッコイイと言っている人でも私は、カッコイイと思わない。
そんな私をある一人の男性が変えてくれたんだ…


今日は、部活動見学の日。
私は、部活に入らない。
自分の時間が無くなるから。
1人の時間を大事にしたい私にとって団体行動は、地獄の時間だ。
校門を出ようとした時、中学時代からの仲のいい先輩が走ってきた。




先輩)華恋!お願い聞いてもらってもいい?
華恋)なんですか?
先輩)バスケ部のマネージャーになってくれな
い?
華恋)無理ですって!
いくら先輩の頼みでもなりませんよ(笑)
先輩)お願い!2年生がいないから私が抜けたらマ
ネージャーいなくなっちゃうの!!
一生のお願い!🥺
華恋)絶対断ってもまた来ますよね?笑
私、先輩みたいに運動できませんよ?
先輩)華恋なら絶対できるから!
確信があるから!笑
華恋)どこからの自信ですか笑
先輩)1回だけとりあえずやってみよ!
華恋)わかりました…
1回だけですよ。
先輩)ありがとー😊


先輩からの圧に負けました…
運動部なんて団体行動がほとんどじゃん…
バスケ部のメンバーなんて誰1人知らないしなー