前の話
一覧へ
次の話

第3話

グループ設定
114
2022/05/04 12:41
作者
作者
はいどーも。毎度お馴染み作者です。
イズ
イズ
相棒のイズだ。
作者
作者
この小説に出てくるフィッシャーズとオリジナルYouTuber集団であるブルーウルフの設定そして、この小説の舞台設定を紹介させていただきます。うちがドジなせいで3話目になってるけどこの場合どうしたらいいんや……
イズ
イズ
そこはしらん。
作者
作者
ひどい?!
イズ
イズ
まあ、一話目よりも短いかもしれんが、そこは気にせず見てってくれ。
作者
作者
それでは設定紹介開始。誰か詳しい人教えて…
ブルーウルフ
表ではYouTuber、裏では殺し屋をやっている。リーダーはリツ、サブリーダーがシズ。
高校の同級生で結成されたグループで、最初はリツを除いた4人で活動していたが、そもそもリーダーがおらず、まとまりがなくなり解散の危機に陥っていたときにシズがリーダーに適任だと言ってリツを勧誘し、その日から5人で活動している。
動画の終わる際の挨拶は「Ciao(チャオ)」。ポーズは基本的に自由。
基本的に5人で任務に挑むが、一人で挑むときやペアを組んで挑むときもある。
ブルーウルフは的確にターゲットを殺すために首と頭を狙う。リーダーであるリツとユーゴは拷問気味ではあるが…
殺しの依頼についてはリーダーであるリツのアルバイト先であるバー「Rosenkreuz」でうけているため、フィッシャーズと会うことが多い。動画内でもプライベートでもフィッシャーズとコラボしたり会ったりしているため、仲は良い。しかもブルーウルフとフィッシャーズのメンバーのほとんど中学の同級生というある意味すごいことが起きている。
裏の世界でブルーウルフの名を知らない者はいない。





フィッシャーズ
表ではYouTuber、裏では殺し屋をしている。リーダーはシルクロード、サブリーダーはマサイ。
基本的に7人で任務に挑むが、たまにペアを組んで二人組で任務に挑むときもある。
フィッシャーズも基本的に頭と首を狙うが、ぺけたんとダーマが少々拷問気味である。
殺しの依頼はシルクの師匠で実兄である兄クロードが働いているバー「Rosenkreuz」で受けているため、ブルーウルフとよく会っているため、よく共に仕事を行うこともしばしば。
動画内でフィッシャーズとブルーウルフはよくコラボしており、フィッシャーズとブルーウルフのメンバーのほとんどが中学の同級生ということもあり、プライベートでも交流がある。
裏の世界でフィッシャーズの名を知らない者は一人としていない。
小説の舞台設定
主に東京が舞台。この世界では、異能力者が多くおり、犯罪が多く起きている。異能力者を連れ去り研究する研究所や、マフィアなど様々な犯罪組織がある。フィッシャーズやブルーウルフはそういった組織を壊滅させており、表世界では謎の救世主グループと様々なニュースやSNSで取り上げられている。顔は出てないため、それがフィッシャーズとブルーウルフであることは知られていない
作者
作者
案の定短くなったね(´・ω・`)
イズ
イズ
それはお前が悪い
フィッシャーズ
フィッシャーズ
うんうん
ブルーウルフ
ブルーウルフ
うんうん
作者
作者
皆に全否定された_| ̄|○ il||li
イズ
イズ
まあ、作者がしょげてますけど、こんな感じで進んでいくので、よろしくおねがいします。というわけで、せーの
フィッシャーズ
フィッシャーズ
アデュー!!
ブルーウルフ
ブルーウルフ
Ciao♬