プリ小説

第10話

宿舎
ジャクソン
ただいまー!!俺たちの家っ💓
ベンベン
気持ち悪いですよ笑笑
ユギョム
笑笑
さっきの告白からすごいここに居づらいんだけど、、
あなた

あ!じゃあ、ご飯作るね!

ジニョン
ジニョン
手伝うよ。あなた。
ユギョム
僕もー!!!
ベンベン
僕もー!!(ユギョムのまね
ジャクソン
俺もー!!
ジェボム
ジェボム
お前ら、あなたをこまらせるんじゃねぇよ。
あなた

大丈夫だよ!💦

ベンベン
あ!じゃあさ、みんなで作らない??笑笑
ジャクソン
いいねー!!
ご飯づくり
ユギョム
ヌナー!!
あなた

どしたの??

ユギョム
これどうするのー??わからないよ😭
やっぱり、か、かわいい💓
あなた

これはね、こうやって切るんだよ。

ユギョム
ありがとー💓ヌナー💓
ギュッ
あなた

あ、うん!

ジャクソン
おい!お前!ギューしてんじゃねぇぞ!俺もギューするぞ!
ジャクソン
ギュッ
あなた

/////

ジェボム
ジェボム
おい、お前ら、ちゃんと作れ
ユギョム
はーい
ジャクソン
はーい笑笑
ご飯が出来上がった
ジャクソン
やったー!俺たちが作ったご飯だぁぉぉぁ!
ジニョン
ジニョン
笑笑
あなた

よし!食べよっか!

ジェボム
ジェボム
いただきます
GOT7
いただきます!!
ヨンジェ
うまい💓
あなた

よかった💓

ご飯終了
ジェボム
ジェボム
ごちそうさまでした
GOT7
ごちそうさまでした!!
あなた

よし、皿洗いしよっと!

ジニョン
ジニョン
あなた。僕がするから、今日は休んで。
あなた

ありがとう😭💓

ベンベン
俺も!
ユギョム
僕もー!!
ジニョン
ジニョン
じゃあ、みんなでしよっか
ユギョム
うん!
ジェボムが私の所へきて、耳元に
ジェボム
ジェボム
あなた。ちょっと来てくれないか?
あなた

あっ、うん!

ジェボムとヨンジェの部屋
あなた

ど、どうしたの??

するとジェボムは私にキスをした
ジェボム
ジェボム
俺はお前のこと誰よりも好きなんだ。
この気持ち抑えれなくて、、
あなた

うれしい、

すると、私の服を脱がし始めた
あなた

え、ちょっと、ジェボム?

コンコン
ガチャッ
ジニョン
ジニョン
ジェボムヒョン、  えっ、、
あなた

ジニョン、、

ジニョン
ジニョン
おい!何してんだよ!
ジェボム
ジェボム
見ての通り、ヤろうとしたんだよ。
ジニョン
ジニョン
なんで、そんなことするんだよ!
ジェボム
ジェボム
俺はあなたのことが誰よりも好きなんだよ。
ジニョン
ジニョン
僕も、あなたのこと誰よりも好きなんだよ!
あなた

二人とも!ケンカしないで、、

ジニョン
ジニョン
ごめん、、
あなた

リビング戻ろっか、

ジェボム
ジェボム
お、おう
ヨンジェ
さっき、怒鳴ってた声聞こえたけど、どうしたの??
あなた

なんでもないよ!!

あーもうどうしたらいいの、、

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🌴쿄카🍑
🌴쿄카🍑
違うアカウントと行き来してしまうので、不定期です💦 もうひとつのアカウントの名前も🌴쿄카🍑です!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る