無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

73
2021/08/17

第18話

Next world 7
zm
はぁー帰ってきたわ
zm
よっこいしょ
zm
あー疲れたー
ゴロゴロ
プルルルルルル
zm
ん?誰からや?
「親父」
zm
はい、もしもし
zm
親父どうしたんや?
zm
え、どうしたんそんなに焦って
zm
えっ…
zm
おかんが死んだ?
zm
すぐ行く!
数年ぶりに、親父から電話がかかってきたと思ったら
焦った声で、


「母さんが、母さんが、死んだ」

俺は、すぐ実家に戻った

実家の風景はそのままだった、、

家具も昔から変わっておらず、久々に来た俺は懐かしさを感じた

しかし、昔と変わってたところは和室の部屋に姉ちゃん兄貴と親父、そして、きちんと敷かれた布団に、、、

布団に、、、

白い布を被せて寝ているおかんがいた
zm
おかん!
zm
なぁ、なぁ、
zm
おかん…!
zm
また、家族そうででドッキリとかしとるんやろ
俺は昔さんざん両親や、兄貴と姉ちゃんがしていたドッキリをしてるかと思った

俺に会いたい。そう思ってドッキリをしてるに違いないそう思うしか無かった

この目の前の現実から目を背けたかった
zm
なぁ。もう起きてえぇから
zm
俺戻ってきたから
父親
ゾム!
zm
なんや、ど、どうせ昔さんざん俺にしてきたからかいなんやろ
バシッ
zm
!?
父親
はよ、目の前の現実に目を向けろ!
zm
な、なんでやぁ…
zm
誰か、嘘って言ってくれよ
父親
ゾム、これから色んなことをしなきゃいけんから
父親
自分の家から最低1週間の着替え等々持ってこい
父親
時間はかかっていいから、せめて今日中に、ここに戻ってこい
zm
わかった…
優しかったおかんがしたんだ。
あの笑顔、あの笑い声、あの声は、

もう、もう、二度と聞くこと見ぬ事が出来なくなった

そのせいで、優しかったおとんの目が希望から絶望と変わっていた
zm
(おかんが死んだ…)
すとっ
zm
(やばい、立たへんと…)
俺の周りは、ザーザーと俺の気持ちなんかどうでもいいかのように、雨が降っていた
zm
(あぁ…、こんなにおかんは俺にとって大切な存在やったんか…)
ザーザー
ザーザー
zm
(あれ、雨の音が静かになった?)
ふと、上を見上げるとそこには、、


あの時のように、傘をさして



ニコッと笑う

ロボロ


いや、天乃がいた
zm
なんでお前は、俺がどん底に突き落とされている時に現れるんや
天乃
え、迷惑だった?
zm
そんなわけないやろー(இдஇ; )
天乃
ちょ、どうした
天乃
近づいた時には雨にずぶ濡れだし
天乃
泣くし
天乃
ほんと、なんかあったか?
zm
あぁぁぁ(இдஇ; )おかんが!
天乃
うん、おかんが?
zm
お母さんが死んじゃったぁぁぁ(இдஇ; )
zm
もぅ、もぅ、会えなくなっちゃったぁぁぁ(இдஇ; )
天乃
ヨシヨシ(。´・ω・)ノ゙
天乃
そうかーそれは辛いなぁー
天乃
なぁ、俺じゃあ力になれないかもしれんが
天乃
せめて、話は沢山聞くで?(*´罒`*)
zm
すんっすんっ( ̄^ ̄゜)
zm
ありなロボロ( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )
天乃
まぁ、ずぶ濡れだと風邪ひくからあんたの家に行こうやないか
zm
そうだな
また、あの日の時みたいに俺の心は救われた

そして、ロボロが死んでから「またあの日のように、傘をさして笑って見せて欲しい」という願いが叶った


ありがとう


ロボロ




愛してるで