無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

70
2021/08/17

第23話

Next world12
佐々木
これは、どうゆうことですか!
バンッ
zm
天乃のお母さんから、天乃を預かって欲しいって頼まれたんや
佐々木
そんなの…
佐々木
学校では、あまり話さないじゃないですか
zm
それは…
佐々木
もし、もし!
佐々木
天乃くんに恋心があるなら
佐々木
私は、その感情は否定しませんけど
佐々木
今、天国にいるロボロさんが許すんですか?!
zm
佐々木
天乃
ぷッ
佐々木
は?
天乃
wwww
天乃
あははっw
天乃
すまんすまん笑
佐々木
先生に向かってその口は!
zm
あのなー心
佐々木
ちょ、生徒の前では佐々木先生ってなんで言わないんですか!?
天乃
だって、俺ロボロやもん
佐々木
は?
zm
そうやぞー心びっくりしたかー?
佐々木
え、
佐々木
佐々木
じゃあ天乃くん、私の質問に答えてください
天乃
ええよー
佐々木
じゃあ昔私は、あなたロボロさんに助けられました。
佐々木
どういうふうに助けたか言えますか?
天乃
おー、今でも鮮明に覚えてるで
天乃
あれは多分夏の日、近くでセミがないていたかな?
天乃
まぁ、ゾムと出かけてた時
天乃
周りの人がやけに道路を見てたから、俺もその方向を見たら
天乃
まだ、小さかった心ちゃんがおったんや
天乃
その先に車が走ってきてて
天乃
「これはやばい!」
天乃
そう思って、急いで心ちゃんを突き放して
天乃
心ちゃんを、突き出して車から轢かれないようにしたかな
佐々木
天乃
まぁ、その後意識がもうろうとしている中
天乃
俺は、心ちゃんの方を見たら
天乃
泣いてんのやあんたは
天乃
そんとき、「可愛い顔とかに怪我さしてもうたやろか?大丈夫やろか」そう思ってたな
zm
(あの時、そんなこと思ってたんやな)
zm
(自分のことよりも、心のことを思ってたんや…)
佐々木
では、次
佐々木
ロボロさんが入院してる時
佐々木
お菓子を持って行ったじゃないですか
天乃
あれ、確かようかんやろ?
佐々木
!?
天乃
なんか、小さい女の子がよぉーこんな渋いの持ってきはったなーって思ったわ
佐々木
( ᵒ̴̶̷̥́ωᵒ̴̶̷̣̥̀ )ポロポロ
天乃
おぉーどうした?
zm
なんか、微笑ましいな
佐々木
うぅぅグスッ
佐々木
嬉しくて
佐々木
やっと、やっとちゃんとした形で会えた…
佐々木
まぁ、ロボロさんが入学してから会ってますね
天乃
ヨシヨシ(。´・ω・)ノ゙
佐々木
でも、教師としてはこれからビシッとしていきますよ
天乃
うっ、
zm
頑張ってやロボロ!
佐々木
じゃあ私はこれで帰りますね
zm
おう、また
佐々木
また月曜日に
天乃
ばいばーい!
佐々木
さようなら
ガチャ
天乃
ふー
zm
よし、これで色々スッキリしたし国語の勉強しよか?
天乃
ぎゃー
ーーーー心ちゃんの方では
???
ぎゃー
佐々木
(え、ゾムさんの家から悲鳴が…何してるんだあの二人は?)
さぁて〜次回のお話は?

はるです。

次回は、Next world13が公開されますね

超難題に、何故か探偵たちが頭を抱えています

そこで君たち、ピザが入ってるとは限らないピ

ザガチャを引いて彼らを助けて欲しいです。

さて次回は、

なぜこのお話しで、ウミガメ男の謎解きを、してるの?

それは、ゴールデンウィークの次回予告を真似してるから。

そして、せめてロボロ身長167cmはあれ。

の三本です。

次回もまた見てくださいね(●︎´▽︎`●︎)

じゃんけん


ポンッ



🤟

ん、ん、ん、ん、んー