無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

珍しくピンチ


~あなたの下の名前目線~
















酒を飲み始めて、しばらく。



ガラン
ガラン
ウィ~🌀………ヒック!✴
(///▽//)🍺~♪
ゼリドリス
ゼリドリス
・・・おい、俺にもたれ掛かるな💢



勿論のことながら、酔っぱらいができていた。











エスタロッサ
エスタロッサ
いやぁ~しかし、この雷鳴酒だったか?
すげぇ美味ぇな!

…どこで手に入れたんだ?


かなり気に入ってくれたのか、
エスタロッサがそう訊いてきた。





あなた
ふっふっふ~♪
それはねぇ………………ナ・イ・ショ♥️



人差し指を口元にあて、
片目をウインクしながらそう言う僕。



僕がやっても可愛くないのは分かってr((殴
エスタロッサ
エスタロッサ
んだよ、ケチな奴だなぁww















・・・















だってさ………











・・・言えないよね?













実はこのお酒………





七つの大罪たちがリオネス城に行った後。





エレンに化けるために豚の帽子亭に行ったとき、
たまたまバーのカウンターに見つけたから…

ちょろっと。






ちょろっとだけ………頂戴したんだよネ☆👅テヘ















だから言えないの♥️(←ぶりっ子)


七つの大罪の皆との関係が、
バレちゃうかもだし~?w




(うん、これは僕も完全に酔ってるねーww)






























・・・え?何?



それ犯罪だって?盗みだって?









まーまーまーまー、落ち着いて?w








大丈夫だって。一応お金は置いてきたからさ?





















そういう問題じゃねーよ!
っていうツッコミは後でね。



















ーーーーーーと。




そんな感じのことを考えていた僕に、
完全に酔っ払いのガランが絡んできた。




ガラン
ガラン
おうおう~♪、お主!~✴///

名前は~・・・なんじゃったかの?


最初に一本、さっき一本………渡したんだけど。




すぐ飲み干してまた僕を見てきたから、
面倒くさくなって3本まとめて渡したんだっけ……

















その結果がこれね。はい。



ガラン
ガラン
えー・・・・確か、ムーシュだったか?
いや、ヌージュか?σ(//🌀▽🌀)?~✴
あなた
違うよぉ~ww


酔っ払い一人の、出来上がりー🌟
(いや僕も酔っ払いなんだけどさ?ww)






いや、そりゃそうなるわww






ゼリドリス
ゼリドリス
ルージュだろ………💨
ガラン
ガラン
そうじゃったそうじゃったww
ーーーで、ルージュよ!
あなた
なーに?w
そう、軽い気持ちで返事をした僕。



すると返ってきたのは、爆弾発言だった…
(僕にとってある意味ね)







ガラン
ガラン
酒のサカナに、ワシと勝負じゃ!
さぁ武器をとれ!!///~✴💨💨💨













・・・・・・え。












・・・・・・・・え?
















た、戦うってこと?………ガランと?

















………ガランと?!(二回目)







エスタロッサ
エスタロッサ
おいおい、ここでかよ?ww
あなた
それは…ちょっと……💧



ていうかさ…完全にこれ、
エスカノールの時と同じ感じのノリだよね。



うわぁ………
















エスカノールさん……心中お察しします…(遠い目)


そりゃ、「やります…(涙目&ガタガタ)」ってなるわな。






と、そこでゼルドリスも止めに入ってくれた。

ゼリドリス
ゼリドリス
止めておけ…💨メラスキュラの奴に、
後で何を言われるか分からんぞ。

えっ、メラスキュラいたの?!

会いたかった……!


















・・・まぁ、自分ではどうしようも
ないことだし、それは仕方ないか………




今は男の姿だし、一緒に入れないしね。


















ーーーーーーって、それは置いといて。






ちゃんとガランには断らなきゃね!!💧(切実)














あなた
あはは、それは流石に遠慮しておくよ!
ガラン
ガラン
むぅ………///~✴
ガランは、納得いかない様子…


………し、しっかりと説明せねば!!💧
(命に関わるッ💧💧💧)






あなた
君の言う勝負ってさ、戦うんでしょ?
君と。いや、無理だよww
ゼリドリス
ゼリドリス
(・・・だろうな。人間だし。)



ヘラヘラと笑いながら言っているが、
内心はヒヤヒヤだ。冷や汗ヤバい。






一言間違えれば、自分で自分を破滅
させかねない。(←それはもはや自滅では…)


















とりあえず、ちゃんとした理由言い訳を言わねば!!💧






あなた
ーーーそもそも僕は戦えないよw
僕は吟遊詩人だからね。
エスタロッサ
エスタロッサ
へぇ………吟遊詩人か


一応、だけどね。



ガラン
ガラン
なんじゃ、戦えぬのか……///~✴















うむ、信じてくれたようで何より。


良かった良かっt((

ゼリドリス
ゼリドリス
ーーーでは、一曲。
何か歌ってもらおうか



















・・・・・・・・・・・エ。( ゚ロ゜)


















ゼリドリス
ゼリドリス
吟遊詩人なのだろう?


















エエエ。(💧 ゚ロ゜)
























エスタロッサ
エスタロッサ
おお、そりゃあいいな!
ガラン
ガラン
ふむ、まぁ聴いてやらんでもないぞ!
(*///▽//)~✴💨ゲフゥ









エエエエゑエエ~・・・ダラダラ💧(←背水の陣)














現実はそう上手くいかない。by作者







あなた
(ま、マジか……💧)



あのドS作者め………















・・・いやね?



歌うのは別にいいんだよ。歌うのは。


















………じゃあ何が問題かって、内容だよ内容!!


あなた
(ちょっ…何を歌えばいいのさ?!💧)












人々の幸せの歌?

ーーー人を平気で殺しそうな、
この魔神族達に?








平和を願う歌?

ーーー今僕の目の前にいるのは、
災厄を招く存在なのに?










争いのない明日を、祈る歌?

・・・あの七つの大罪たちと敵対し、
なおかつ「十戒」である彼らにーーーーーー?

















・・・







ーーーうん………うん。(|||^-^)




いっしゅー回ってー・・・
あなた
(  ̄ー ̄)スンッ。。。
全員
「「「?」」」










ーーーーーー・・・。



















ムリジャン。・・・ダメジャン‼️










表情筋を絶望に染めないよう保ちながら、
頭を必死に回転させる僕なのだった……























誰か、助けてくれぇぇぇぇ‼️💧💧💧











ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー












作者
作者
はい、作者でっす🌠
作者
作者
いきなりだけど、
ちょっと見てちょ?
作者
作者
じゃん🌟
作者
作者
ファンタジーのデイリーで
挙がってたァァァァァァ‼️💨💨💨
作者
作者
え、ちょ、マジで嬉しい
作者
作者
(´TωT`)ミナサンホントニイツモアリガトウ←
作者
作者
これからも、
この作品をよろしくですっ!
作者
作者
てなわけでありまして
作者
作者
See you again🌟