無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

旅の目的
ムーン
ムーン
ーーー!
やっと見つけましたわーーー!!!
あなた様ぁ~~~💕ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ
あなた
うん?・・・あぁ、ムーンか
ムーン
ムーン
はぁ・・・はぁ・・・ずいぶん
探しましたのよ?あなた様、
どこへ行かれていたんですの?


たたたと家々の屋根の上を走ってくるムーン。

あなた
んー・・・。「七つの大罪」に会ってた
ムーン
ムーン
な、ななな、七つの大罪ぃっ!?
Σヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!
あなた
・・・そう。
あの、七つの大罪にね…
そう言って、遠くにそびえ立つ
リオネス城のほうを向く。
ムーン
ムーン
ーーーって、なんですの?
・・・😹










・・・ズコッ!

           Σ ゚Д゚💧≡( /)/ハアッ?!


家の屋根の上で盛大にコケたのは初めてだ…
あなた
この話の題名からして
元を知らないとか@-j5.\-7☆…
(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ
ムーン
ムーン
え、ちょ、あなた様??Σ(・_・💧)
あなた
・・・あ、ごめん
今、なんか作者の心の声がーーー
・・・いや、やっぱり何でもない…
ムーン
ムーン
はぁ…
あなた
ーーーそれはともかくだ。うん。

ムーンは、どこに行ってたの?
ムーン
ムーン
・・・・・あなた様。(-_-)ムス…
あれ・・・ムーン、なんか怒ってる?



何かまずいことでもしたっけ、僕。。。
ムーン
ムーン
ーーーあなた様!
「どこに行ってたの?」
・・・じゃ、ありませんわ!!
うわ、また始まった。

また長くなるのかなー・・・とか思いながら、
遠くからこっちのほうを見ていた
さっきのキング君に手を振る。


おぉ、驚いてる驚いてる…( *´艸`)ニシシ
ムーン
ムーン
毎回毎回、わたくしが目を離した
隙にいつの間にかいなくなって
しまわれるなんて…
わたくし、探しましたのよ!
。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ムキー

・・・🐱





あなた
・・・え、それだけ?
なんだ?けっこう短かったな・・・
ムーン
ムーン
あなた様!!!
「それだけ」なんて言葉だけで、
済ませないで下さいまし!!
あなた
え、いや、だってさ・・・
ムーン
ムーン
だってもなにもありませんわ!!
あなた様が・・・あなた様が
いなくなるなんて・・・っ!!
ムーン
ムーン
ーーーわたくし、心配で胸が
張り裂けそうでしたわっ!!!!
。・。゚(つ´Д`゚)゚。ワーン
・・・・・・・。
え、何?なにそれ自慢?
胸が張り裂けそうって貧乳への自慢なの?
というか、いつの間にかいなくなってたって
子供かよ。てか迷子扱いかよ…
あなた
・・・はっ!Σ( ゚Д゚)
駄目だ、今度は自分の心の声が・・・
ムーン
ムーン
?どうしたんですの?(つд;)グスン
あなた
いや、なんでもーーーじゃなくて。。。
あー・・・なんか面倒くさくなってきたな。。。


・・・でも、これだけは言っておかないと…はぁ。
あなた
ムーン・・・昔、君が人の姿になったとき
裸のままだったのは同情しよう。

・・・でもね、街中の服屋をまわって
さらに一軒につき、4時間も僕を待たせる
のはどうかと思うんだよ…
ムーン
ムーン
あ、あら・・・?(💧・∇・)💦
あなた
まだ、僕にどっちが似合うか、
訊ねてくるのはいいとしてもだ。


・・・長時間さんざん悩んで迷った末、
結局最後はどちらも買うという暴挙。

それは流石にいただけないって
いつも言ってるじゃないか・・・
そうなのだ。

実はムーン、洋服やアクセサリーなどの
ファッション関係には弱かった。激弱だった。



・・・しかも優柔不断。
お金払うのは僕なのに、上限というものを知らない。


この世界に転生してかなりたったと思うんだけど、
ムーンのこの悪癖だけは直らなかった。

今の僕の姿の時の態度とそれを除けば、
あとはほとんど完璧なのになぁ・・・




全くもって、困りものなのであった。



・・・あ、転生してかなりたったっていうのは、
時間感覚が少しおかしくなってるみたい。。。

100年たったぐらいまでは数えてたんけど、だんだん
面倒くさくなってきて、もう数えていない。


あ、ちょっとそこ!年齢は聞かないでー?



・・・まぁ、外見だけはポンコツ神の
おかげで変わらないようになったんだけどさ。

そこは( ̄ー ̄)bグッジョブだ。神よ。



こほん。。。
ーーーーーー話は変わるが。

ちょっと昔、ある国でまた長時間悩みまくっている
ムーンを横目に、仕方なく酒場へと行った。

見た目的には成人&男の姿してるし、
何より一応は吟遊詩人だ。

酒場にいたとしてもおかしくはないはず。

あ、吟遊詩人だっていうのはムーンが
言い出したことです。そこ、間違えないでね。


当のムーンは「・・・アリね。
・・・ふふ・・・萌える、萌えるわぁ❤」

ーーーーーとかなんとか。

猫の姿になってるのに、すごい邪悪な顔って
出来るものなんだなと思ったよね。いや、知らんわ。


信憑性を高めるために、ムーンがどっからか
出してきたハープを転生して以来、自分でも
毎日弾いてみるんだけど、結構楽しいものだった。


最初こそは難しかったけど、100年、200年、
300年…時を重ねれば上手くはなる。

今ではそれなりにお金も稼げている。

まぁそれでも、吟遊詩人だけで食べていく
わけにもいかないので、魔物退治?害獣退治?
的なものもやりつつである。



・・・ムーンは猫の姿だからなのかな?
鼻がいいみたい。

どこにいるのかが分かるみたいで、
役割的には猫というより犬である。


・・・・こほん。。。
ーーーーーーまた話が逸れたので戻すが。








酒場に、行ったんだよね。


・・・そしたら、あり得ないモノがあった。



ーーーそれは。


あなた
(指名手配書・・・)
あるんだ、指名手配書ーーーと考える前に、
指名手配されている人物には見覚えがあって・・・

      .....
・・・いや、ありすぎて。
二度見、いや三度見はしたよね・・・
あまりの驚きに、酒場の店主を質問責めに
してしまったのを覚えている。


尋常ではないテンションの客=僕の質問を困惑しながらも答えてくれた店主には、感謝しかない。





指名手配書の内容はーーー『聖騎士長殺し』。









ドラゴン・シン、憤怒の罪ーーーメリオダス。

『さてさてさ~て!』


フォックス・シン、強欲の罪ーーーバン。

『だ~んちょ~♪』


サーペスト・シン、嫉妬の罪ーーーディアンヌ。

『ねぇねぇ、キング~!』


グリズリー・シン、怠惰の罪ーーーキング。

『ディ、ディアンヌ・・・///』


ゴート・シン、色欲の罪ーーーゴウセル。

『キュピーン🌠』


ボア・シン、暴食の罪ーーーマーリン。

『・・・ふむ・・・』


ライオン・シン、傲慢の罪ーーーエスカノール。

『おこがましいーーー』

それぞれの指名手配書を見た瞬間、
頭の中を駆け巡ったのは聞き覚えのある声。






ーーーーーーあの、七つの大罪だったのだ。
・・・ここだけの話。
その時絶叫したのは言うまでもない。

勿論怒られたけど。



そのときは店にいた他の客の酒を奢りまくって、
許してもらったんだっけ。
そのまま酒場の店主さんと仲良くなったついでに、
その指名手配書はコッソリもらっておいた。




いや、だってさ?・・・欲しくない?欲しいよね?
まぁ本人たちと全然似てないやつも、
ありはするんだけれども!

・・・うん。
単にね、欲しかったからですね。はい。
ポンコツ神はウッカリ神に昇格させてあげた。

転生先を設定してなかったのは水に流そう!うん!!
・・・何はともあれ、おかげで目的はできた。


七つの大罪の世界に来たのだ。
何がなんでも会えというポンコツーーーじゃない、
ウッカリ神の思し召しだろう!・・・ということで。
ただ今、七つの大罪に会うための
旅をしているわけでございます。。。
ムーン
ムーン
で、でも・・・先ほど「会った」と
言っておられましたわよね?
・・・あ。



完全に無視されていたムーン、質問ありがとう。
あなた
・・・いきなりさ、豚の帽子亭に行って
「わー、本物の七つの大罪だー!」
とか・・・言えないからね?
『本物って、なんの話だ?』って、聞かれる。絶対。
あと、会うためなら国王さん(バルトラだっけ?)
に会ってたほうがいいと思うんだよね。


要するに、手順が大事ってこと。

あれは・・・まぁ、様子見だよ~!
と、ムーンにはそう誤魔化しておいた。






・・・キングとディアンヌの後ろ姿見つけて
我慢できなくて、ハイテンションで会いに
行ってしまってたなんて口が裂けても言えない。。。



あなた
ーーーま、まぁとにかく。

今日は、その国王に会うために
リオネス王国に来たんだよ
ムーン
ムーン
・・・そうでしたわね。(`皿´)チッ
相変わらずなムーン。
あなた
はいそこ、舌打ちしないよー( ´△`)💨
ムーン
ムーン
はぁい💕あなた様ぁ~❤

前途は多難。・・・・・・はぁ





大きなため息をつき、悶えるムーンを放置して
リオネス城へ向かう僕なのだった。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


作者
作者
はーい・・・どうも・・・作者です…
作者
作者
今回は、いかがでしたでしょうか…
作者
作者
・・・いきなりですが…今…
ボクはモーレツに凹んでおります…
作者
作者
学校の…テストが…数学が…
死にました…(|||´Д`)💫
あなた
自業自得だな
ムーン
ムーン
ですわね
作者
作者
立ち直るために…皆さんからの…お話の
お気に入り・❤・フォロー・コメント
をください…待ってます…
あなた
・・・押してやってね
ムーン
ムーン
よろしくお願いしますわ
作者
作者
それでは皆さん…
全員
See you again🌟