無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

変化の使い方
~あなたside~








誰かは知らないけど、四人くらいの気配が
近づいてきたなーーーーーーと思ってた矢先。








・・・ここ、温泉だからさ。





お客さんかと思うじゃん?普通。











・・・普通。







あれ?お客さん?的なノリで、
今聞いただけなんだけど……




答えが、返ってこない。





あなた
(・・・違ったかな~……?)


サアァァァァァァァ……










ーーーーーーって、あれ……?



























あなた
ーーーーーー!










・・・ヤバい。







ヤバ、ヤバ、ヤバい
ヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいッ!!!!


ど、どどどどどどうしよう、
あああああああ頭がまわらない!!!








なんでって?!


目の前にいたのが、
あの感じてた気配の人物たちがーーー


      ・・
ーーーーーーあの十戒だったからですよ!!!!





ガラン、エスタロッサ…
ゼ、ゼルドリスまでいるし?!Σ(O_O;)



ああああどうしよう、推しの声が聞けるかも!!!


作者
作者
落ち着けぇーい!Σヽ(`∀´💧)
あなた
(あ、はい…)💓💧💨



ーーーーーー以上のやり取り、0.000001秒。








ふぅ……とりあえず、びっくり
しちゃったことをどう誤魔化そうかな?




・・・いや、テキトーでいいか。





怪しまれるであろうことはおいといて。。。



あなた
ーーーーーー三人もいるのか……
こんな森の中によく来れたなぁ、君たち


あくまで、三人のことは初対面というふうだ。




・・・これで少しは油断
してくれたらいいんだけどな~……


よく考えたら、
「下等な人間族などは即殺す!」
みたいな感じで秒で殺されちゃいそうだし。



・・・と、その時。





こちら側にも
サアァァァァァァァ……と風が吹いてーーーーー








あなた
Σ(・・・って、あ!!?ヤバッ!)💧


そう、大変重要なことに気付いた僕。



       ・・   ・
そして、慌てて「髪色」と「瞳」の色を変える。






ーーーこの行動、またしても
気付いてから0、00000001秒。







・・・うん。姿を少し
変えたことはバレてない、よね…?



湯けむりのおかげで見えてないと思うんだけど……




ーーーーーーそして。



サアァァァ……と、僕と十戒たち三人(あれ?
感じた気配は四人だったんだけどなぁ…)の間には、
何も視界を邪魔するものはなくなった。





すると。






・・・おぉぅ。

三人からの視線に、警戒の色が強くなったw



あなた
(楽しんでるな~僕♪)


そう。

僕は今、大いに楽しんでるのだ。







変えた髪と瞳の色は、『赤』。




   ・・・・・・・
赤は「危機感を煽る色」だ……





そのおかげなのか、予想どおり
三人は僕をじっと観察している。





・・・え?なんでそんな色にわざわざしたのかって?





答えは単純明快、
彼らに僕のことを覚えてもらうため♥️


            ・・・
いや~、なんてったって僕、8人目だしね?





ちゃんと覚えてもらわなきゃ♪


ウキウキ、ワクワクとした気持ちで
十戒三人に近づいていく僕なのだった。







ーーーさぁ、何話そ♪





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー










作者
作者
はい、どもー作者だよん🌠
作者
作者
いやはや、やっとご対面ですわ(笑)
ゼリドリス
ゼリドリス
💨
作者
作者
さて、次の話の主人公はーーー
ガラン
ガラン
ワシじゃ
作者
作者
え?
エスタロッサ
エスタロッサ
は?
ゼリドリス
ゼリドリス
Σ( ゚Д゚)
作者
作者
え、ちょ……なんで?
ガラン
ガラン
む?担当者からはそう聞いておるぞ?
ガラン
ガラン
ま、まさか…違うのか?!Σ(TдT )
作者
作者
・・・ちょっと待てや。
エスタロッサ
エスタロッサ
担当者って……
(自称)神
(自称)神
ーーー僕♪
作者
作者
🌟(°o°C=(_ _;
(自称)神
(自称)神
ーーーーーーぐぇほヴぅッ?!💧
作者
作者
うわ悲鳴キモ
ゼリドリス
ゼリドリス
(カワイソ…)
作者
作者
仕方ない……じゃ、
次はガランにするか💨
ガラン
ガラン
.+:。 ヾ(◎´∀`◎)ノ 。:+.ヤッター
エスタロッサ
エスタロッサ
おーい
エスタロッサ
エスタロッサ
作者ー、そろそろ終わろうぜー
作者
作者
あ、はーい
作者
作者
と、いうことで……
全員
「「「See you again🌟」」」
(自称)神
(自称)神
again……ガハッ!…~👼