無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

案内中
ゼリドリス
ゼリドリス
ーーー本当に、こっちにあるのか?



空を飛びながら、エスタロッサにたずねる俺。




エスタロッサ
エスタロッサ
おう。後もうちょい行ったところだ
ガラン
ガラン
温泉温泉~♪
エスタロッサ
エスタロッサ
その温泉のスゲーところは、なんでも、
疲れがとれて癒される温泉らしいぜ?

疲れがとれて癒される温泉か……はぁ。

ゼリドリス
ゼリドリス
全くくだらん、温泉など……
なぜ温泉などにわざわざ行く
必要があるのか、理解できん。



チッ、やはり断ればよかったな……




そう、考えていると…
メラスキュラ
メラスキュラ
あら、ゼルドリス?
それは聞き捨てならないわ。
ゼリドリス
ゼリドリス
メラスキュラ
メラスキュラ
温泉っていうのはね……
肩こりや腰痛にも効くし、なにより
「お肌」をツルツルにしてくれるのよ?

そう甘く見ちゃ駄目よ!!💨💨💨
一気にまくし立てるように話し出したメラスキュラ。



ゼリドリス
ゼリドリス
・・・・・・・くだらん。💨


何故か「お肌」のところだけ
やけに強調していたことに、呆れを覚える。





しかし、ガランはそうではなかったようで…

ガラン
ガラン
何ィ?!肩こりや腰痛にも効くのか?!
ゼリドリス
ゼリドリス
は…
ガラン
ガラン
こりゃますます入るのが楽しみじゃ~♪
メラスキュラ
メラスキュラ
・・・・・・・




十戒がそんなことで悩んでどうする……







ガランの発言は想定外だったのだろう。

メラスキュラまで(¬∀¬)って顔してるぞ……













そこに、少し離れて飛んでいた
エスタロッサの声がかかった。





エスタロッサ
エスタロッサ
ん?何話してたんだ?
ーーーっと、それよりも……
エスタロッサ
エスタロッサ
ホラ、あれだ。見えてきたぜ!温泉♪

エスタロッサが指を指した少し離れた先には、
岩ばかりのゴツゴツとした場所が。


そこには湯煙のようなものも何本か立っていた。





ゼリドリス
ゼリドリス
(・・・あれか)


確かに意外と近いところだったな……


メラスキュラ
メラスキュラ
温泉!Σ(*❇▽❇)💨💨💨
ガラン
ガラン
温泉?!Σ( ❇Д❇)💨💨💨




子供のようにはしゃぎ始める二人。


ゼリドリス
ゼリドリス
・・・・・💨



仕方ない、俺もたまには楽しむとするか……と、
諦めたようにため息をつく俺なのだった。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー










作者
作者
ども、作者でーす
作者
作者
さて……
作者
作者
テスト死んだかもですね。゚(゚^Д^゚)゚。
作者
作者
ええハイ、自分のせいですよー
メラスキュラ
メラスキュラ
自覚があるようでなによりね
ガラン
ガラン
だな
エスタロッサ
エスタロッサ
ま、仕方ねぇだろ(笑)
ゼリドリス
ゼリドリス
💨
作者
作者
流れる水のように~
作者
作者
たゆたう雲のように~
作者
作者
ワタクシは生きるんで。
エスタロッサ
エスタロッサ
あっそ。。。
メラスキュラ
メラスキュラ
もう終わりましょ
ガラン
ガラン
だな
ゼリドリス
ゼリドリス
……ということだ。

お気に入り&フォロー&❤してくれ
作者
作者
・・・あ、そうだ。
エスタロッサ
エスタロッサ
まだ終わんねぇのかよ……
メラスキュラ
メラスキュラ
早く温泉に行かせてくれないかしら
作者
作者
今んとここの作品が一番皆さん
見てくれてるんで嬉しいんですけど……
作者
作者
他のボクの作品……も見て欲しいです!
作者
作者
・・・って、言っても
見ない人もいると思うんで~
作者
作者
ジャン🌟
作者
作者
はい、これが今んとこ二番目に
たくさんの方が見てくれてまーす。
あざっす!!(*´▽`)
作者
作者
えー、デイリーでも66位に
なったことがあるみたいなんで!
是非、見てください!
作者
作者
はい、次!
作者
作者
えー、もう面倒くさく
なってきたんで、一気に!
作者
作者
説明は……まあ、あらすじで
大体分かると思うんで。
作者
作者
See you again🌟
全員
「「「again🌟」」」