無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

468
2018/11/28

第3話

2
あなた

あ!

あなた

昨日の会話が原因?

そらちぃ
……!!
あなた

動画撮影大変だもんね。

あなた

気にしてないよ。

そらちぃ
え…?
あなた

ん?

そらちぃ
…あ、そうそう、そうなんだよ!
そらちぃ
会話してたのに、急に動画撮影行ってごめんな!
あなた

ふーん…?

そらちぃ
そ、そんなことより!
そらちぃ
今日は待ちに待った飲み会だ〜!
あなた

ん…ああ、そうだったね。

私たちが所属しているフットサルサークルは、活動よりも飲み会に力を注いでいる。
みんなが楽しければOKというのがこのサークルの方針らしい。
そらちぃ
さあさあ、あなたも早く行こ!
私もそらに背中を押されて、サークル室を後にした。














大学近くの飲み屋で、定例飲み会がスタートした。
私は、そらのとなりではなく、友人達と固まって座った。
飲み会でも、活動中でも、私たちはあまり隣同士に座らないしベタベタくっついたりしない。
人前でイチャつくカップルって見苦しいしね。
きっとそらも私と同意見だと思う。
ま、聞いてないけどさ。聞くまでもないよね?











1時間ほど経過しただろうか。場は盛り上がって、わぁわぁと騒ぐ声が店内に響いている。
ふと、そらの方に目をやると、そらがいた場所は、違う男の子が座っている。
あれ?どこにいったんだろう?










────────────────────────────────
なーりん
2話は終わります!
なーりん
では、また3話でお会いしましょう!