無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

456
2018/11/28

第4話

3
見回すと、先輩女子の隣に座っているそらを見つけた。
···そらと先輩は、大げさな身振り手振りを交えながら、楽しそうに話している。
あの様子だと、結構飲んでいるみたい。
一瞬そらと目が合った気がして、なぜか目をそらしてしまった。
···ま、そらが誰となにしてようが彼の自由だ。
















店員
生3つお待ち〜。
あなた

わっ。···あ、ありがとう。

何気なく運んできてくれた店員を振り返ると、
どきりとした。
やたら眼力の強い派手めな男と、目が合った。
鋭い眼光に射抜かれ、私はすぐに目をそらした。
こ、こわぁ···。
私は派手な男子は苦手なの。
直ぐに店員は引っ込んでしまったが、心臓がしばらくバクバクと脈打っていた。



















夜がふけて、飲み会もようやくお開きとなる。
私はいつものように、そらと一緒に帰ろうと周りを見渡す。
あれ···?
そらの姿がみつからない。
まあ、先に外で待ってるのかもね。
外に出ると、少し肌寒さを感じた。
そらちぃ
う〜〜先輩寒いっす···。二人で飲み直しませんか〜〜?
なにやってるの?
あなた

ねえ、どこ行くの。







































────────────────────────────────
なーりん
3話は終わります!
なーりん
では、また4話でお会いしましょう!