無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

通知
志麻side
ボーッとしてTVを見ていると、あっという間に7時になった。
朝食を食べようと思い立ち上がると、LINEの通知が鳴った。
浦島坂田船のグループからの通知だった。
何だろうと思いLINEを慣れた手付きで開く。
うらた
今日皆暇〜?
坂田
僕は暇やで?
センラ
僕も暇ですよ〜
俺も暇なのでなれた手付きで暇だと返信する
志麻
俺も暇やで〜
うらた
じゃあさ、今日皆で遊ばね?
坂田
OK!何処で遊ぶ?
うらた
俺の家に来れる?
センラ
10時くらいでええ?
うらた
いいよ〜
坂田
俺もOKだぜ!
うらた
まーしーは?
ボーっとしてトーク画面を見ていた俺は慌てて返信する
志麻
俺もええよ〜
うらた
じゃあ10時集合な
センラ
分かりました〜
坂田
了解!
俺はわかったと返信をして、LINEを閉じ、朝食を食べ始め、うらたんの家に行く準備をした。