無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

254
2019/08/16

第7話

❥seven
youside



















で、結局なんやかんやあって























なにわ男子のメンバーの前でいまなんかダンスしてます笑



















西畑 「え、うっま」




藤原 「よきやな。」




信号 「(頷く)」






大橋「え?プリン???」












藤原 「黙れ豚!!!」











大橋 「だから豚ちゃうて!笑」























いや仲良すぎやん笑





















大西 「あのっ…………」

















なにわ男子のメンバーの一人が話しかけてくれた























あなた 「どしたの??」














大西 「あ、いや、僕のこと覚えてませんか??」












あなた 「大西………………流星……………」

















あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!














あなた 「りゅうちぇ!!!覚えとる覚えとる!」



大西 「やったぁーー!!!ゔれじぃ!!!!(泣)」



あなた 「えぇーー笑なかっとってやりゅうちぇ笑」








大西 「だっでぇぇぇぇぇぇ!!!」










あなた 「はいはい笑」










大西 「寂しかったで、あのとき(泣」






あなた 「そやなぁーほんまあのときはごめんなぁー」











































そう、すべてが狂ったあの日。