無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

279
2019/08/16

第4話

❥three
youside














翌日


















どーーーーもももももーーーー!!!


















なんか書かれたとこに来てんねんけどさ

























予想通り男子いっぱい\(^o^)/














え、やだぁー((
















事務所の人 『それでは皆さん今からオーディションをはじめます!よろしくお願いします』





















受ける子達 「「お願いします!!」」



















え、まってオーディションとか聞いてないって((((






















まぁこの大木にかかれば余裕やけど((((



















なんかダンスと歌見るんやって




























両方得意なんでもう余裕←←←←





















てことで受けてきまーーーす!笑





























-----------トントン














??「どうぞ。」



失礼します!って、え、何このおじさん。
この人社長なん??え、面白そう。笑








社長 「名前は?」



大木あなたです!!!
よろしくお願いします!!!


社長 「じゃあダンスと歌やって、」


















はい!っていったものの何やればいいんやろ、
とりあえずなんか適当にやりゃいっか、あは((((






























なんやかんやあって後日((((((雑
































叔母 「ねぇ!!!!あなた!!!」



どしたこんな朝から笑



叔母 「あんた合格してるで」


え、そうなん合格したんやーーーーって




















『『 えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!! 』』
























え、ジャニーズっすか、え、やばっ笑

どうしょ、え、どうしょ。(;゚д゚)

















プルプル














あ、もしもし!大木ですが??













事務所の人 「あ、あなたちゃん?」

はい、そうですけど………


事務所の人 「今すぐ事務所に来てもらえないかな??」























え、今からえ、まじ、うそやん、えええええ(((落ち着け























ってことで事務所行ってきます笑
















ねくしゅと笑♡














凪咲(作者) 「長くなりそう、うん。お付き合いくださいませ(._.)