無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

❥︎:❥︎🔫
ころんくん
じゃあ、通話しない?
貴方
うぇ!?
貴方
いきなり…。
貴方
もしかして、だめな人に騙されて…ないないないない!
貴方
でも、ネットだし…。
貴方
なんて返せば、
貴方
え!いきなり!?
貴方
これでいっか、
ころんくん
…(入力中)
ころんくん
お前がどれだけボクのこと好きなのかなーって、
_____
ころん
すげータイプ、
貴方
…(入力中)
貴方
好き好き!大好き!
ころん
ふへへ、‪w
ころんくん
どうする?ボクが自分から女と通話したいって言うなんて初めてなんだけどなあ
貴方
でも、んー、
ころんくん
まあ、学校のやつらは羨ましがると思うぜ?
貴方
もしかして、かっこいい?‪w
ころん
ころんくん
お前は顔で決めるのかよ、
貴方
違う!気になっただけ!
ころんくん
まあ、学祭のミスコンでグランプリ取るくらいだから普通よりはいいんじゃない?






_____そう、ころんは成績優秀超美少年の学校ではファンクラブが出来るくらいすごい人だった
貴方
え!?すごいよ!
ころんくん
まあそれはいい、で、どうするんだ?
貴方
…(入力中)
貴方
する!///
ころんくん
よし、いいこいいこ、じゃあ、習い事があるから今日の夜中の1時にな
貴方
わかった!


_____
ころん
楽しみー、


午前1時…
ころん
やっと終わった、


DM_____
ころんくん
おまたせ、いいよ


数十分後
貴方
遅くなってごめん!私もいいよ!
ころん
あ、
ころんくん
眠くないか?
貴方
大丈夫!
ころんくん
じゃあ、心の準備が出来たらお前からかけて
貴方
え!私から?///
ころんくん
そそ!いつでもいいぞ
貴方
…(入力中)
貴方
あの、恥ずかしいからころんくんからかけてくれない?///
ころんくん
いいよ、いくぞー
貴方
うん、///



❥»»📞_____