無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

❥︎:❥︎🔫

5時過ぎ頃_____
ころん
そろそろ、

ころんは家を出、いちご中学校へ向かった…
貴方
ころん
ビクッ、

ころんは、あなたが目の前にいきなり出て来たことで、拒絶反応を起こしてしまった
貴方
あ、すみません、
ころん
いえ、
貴方
ペコ…。

あなたはお辞儀をし、歩き出す
ころん
…コソッ、

あなたを、ころんが隠れて追う


_____
貴方
カランコロン♪
モブ
いらっしゃいませー

あなたは、喫茶店へ入っていく
あ!こっちこっち!
貴方
ペコ、お待たせしてすみません、
ころん
は…?


そこにはころんの同じくらいの男の人がいた
ころん
カランコロン♪
モブ
いらっしゃいませー
ころん
(こうなったら強行突破しかねー。)

ころんはあなたの後ろの席に座り話を聞くことに
いきなりごめんねー
貴方
いえ!嬉しいです!
実はさー、
 






















































































































︎︎
付き合って欲しいんだよね。