無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

❥︎:❥︎🔫
モブ
どこから来たんですかー?
ころん
あ、六本木、
モブ
うちらと一緒じゃん!
貴方
だね、
モブ
一緒に泳ぎましょーよー!
そう言うと、モブはころんと腕を組む
ころん
っえ、うん、
ころん
(ボクはあなたと話したいのに、)
貴方
ちょ、モブ、さすがに、
モブ
こーゆーとこで彼氏つくんなきゃ!あなたと行くよー
ころん
…(   `-´   )ン"ー
ころん
(なんでこいつなんかと、顔の偏差値全然ちげーし、)



あなたは清潔そうな純白美人、モブは積極的な中の下ぐらいの顔


_____
モブ
そう言えば、名前はー?
ころん
こr…
ころん
え、えっとー、


ころんは少し黙ってしまった
モブ
言えないなら私達から!
モブ
私はモブです!よろしくね!
貴方
え、えっと、あなたです。ペコ


あなたは一礼する
ころん
(か"わ"い"い"。)
ころん
え、えっとー、ボクは、
ころん
そう、だよ、
ころん
(適当にこれでいいや、)
モブ
そうくん!おっけー!じゃあそうくん!流れるプール行こー!
貴方
そうさん、
ころん
よろしくね、あなたちゃん、
貴方
え、は、はい。///


_____それから少し遊び
モブ
私、ジュース買ってくるー!
貴方
え!ちょ!

モブは、そのまま走っていってしまった
貴方
(1人にしないでよ…。)
ころん
待ってよっか、
貴方
あ、はい。