無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第14話

❥︎:❥︎🔫
貴方
まじで言ってる?///
ころんくん
嫌か?
貴方
恥ずかしいかな///
ころんくん
強制
貴方
わかった、///
ころんくん
じゃあ今日で
貴方
っえ、///
貴方
早くない!?///
ころんくん
すぐやろう、ボクこの年で初めてだ
貴方
何歳?
ころんくん
18だな
貴方
私も初めて、///
ころんくん
2人で一緒か
貴方
じゃあ、夜中?
ころんくん
おう
貴方
はーい、///


そんな会話を繰り返し…









夜中_____
ころん
よし、

ころんがレポートを終わり…
ころんくん
おまたせ、しよう


数分後
貴方
わかった、///
ころん
おし
ころんが通話マークを押す
貴方
もしもーし、///
ころん
2回目だな
貴方
だね、///
ころん
早速するか
貴方
…。///
ころん
おーい
ころん
あれ、

あなたはずっと無言のまま…
ころん
…(そーだ、)
ころん
調子悪いみたいだし、切ろうかな
貴方
あー!大丈夫大丈夫!
ころん
引っかかった
貴方
あ、///
ころん
逃げるなよ?
貴方
はーい、///
ころん
じゃあ、






































































︎︎
ころん
ボクのを入れてやるか
ちゅなー♡
ちゅなー♡
久しぶりの投稿!遅れてごめんね!
( ´•̥  ̫ •̥` )‬ピエン