無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

魔王
さぁ、転校初日!
頑張るぞ~!!!


この指輪の手がかりも…………
見つかるといいな
先生
待ってくれ
三国くん!!!
え………
なになに?
先生
どうして私が
この学校を
辞めなくては
いけないんだ!
先生
気に入らないからといって
生徒や公務員である教師を
辞めさせるなんて
許されることじゃない!
三国 黎士
俺だから
許されてるんだよ
三国 黎士
なんならいっそ
教師って仕事も
やめとく?
三国 黎士
それも俺には
許されてるんだけど
………なんなの?
あの偉そうな奴は…………
男の子 1
「魔王」……………
これで何人目かな…………
まおう?
男の子 1
2年の
三国黎士さんっていったら
有名な政治家の
息子だぞ
男の子 2
あの先生も
無茶するよな…………
「魔王」に逆らったら
潰されることくらい
わかるだろうに…………
女の子 1
でも
魔王様って怖いけど…………
大人を黙らせるなんて
かっこいいよね…………
女の子 2
ルックスも
完璧だし❤❤
…………………(汗)
三国 黎士
ねぇ
邪魔なんだけど
三国 黎士
どいて
( ˙^˙💢 )!
香川     美咲
香川 美咲
あなたがちょっと
よけて歩けば
いいだけじゃない!
( ;゚д)ザワ(;゚д゚;)ザワ(д゚; )
男の子 2
な…………何してんの
あの子…………
男の子 1
魔王に向かって
なんてことを…………!
潰されるぞ…………!
初対面で命令してくるやつに従いたくない
どんだけ偉いのか知らないけど
絶対どいてやんない!
○○
やめろ
レイ!!!
○○
…………この子は
今日来たばっかりの
転校生なんだ
○○
許してやれよ………!
綺麗な女の子…………いや、男の子?
助けてくれた………?
○○
香川美咲さん?
香川     美咲
香川 美咲
う………うん!
源 陽太
俺、2年1組源 陽太
クラス委員で
先生から案内役
頼まれたんだ
香川     美咲
香川 美咲
そ………そうなんだ
ありがとう!
三国 黎士
へぇ………
新入りなの
三国 黎士
じゃあ
歓迎してやらないとね
三国 黎士
今日の
中学部会に呼んであげるよ
香川     美咲
香川 美咲
…………中学部会?
三国 黎士
陽太も来るでしょ?
源 陽太
………………うん
香川     美咲
香川 美咲
?????
トモ
よかったね~
ミサキちゃん?
トモ
月に1度レイが開く
「中学部会」は
選ばれた生徒しか
呼ばれないんだ
トモ
生徒会役員とか
スポーツ成績優秀者
テスト成績優秀者
その他の特別生徒とかね
トモ
普通は一般生徒なんて
来たくても来れないんだから
レイに感謝しなくちゃ
香川     美咲
香川 美咲
………
香川     美咲
香川 美咲
行かない!
私、やらなきゃいけない事
いっぱいで忙しいから
トモ
なっ………
香川     美咲
香川 美咲
ごめん、源くん
先に行くね
源 陽太
あ…………うん
あっ
源くんくるなら
ちょっと行ってみてもよかったな…………

でもいまさら言えない…………
トモ
なんっ………て
ナマイキな女!!!
ヒロ
…………どうするレイ
またやっちゃう・・・・・
三国 黎士
もちろん