無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

追放
高橋     (なまえ)
高橋 あなた
先生待ってください
まだ聞きたいことが…………
先生
ごめんな、また今度にしてくれるか
今日は先生たち
中学部会の準備で忙しいから
バタンッ




こっちも中学部会……………








私にはあんまり時間ないんですよ
先生~っ
高橋     (なまえ)
高橋 あなた
!!
道枝駿佑
ごきげんよう
あなたちゃん?
出たな「魔王」
高橋     (なまえ)
高橋 あなた
………今日はナントカ会が
あるんじゃなかったの?
道枝駿佑
うん、行くよ?でもその前にさ
命令に背いたピエロ役に
お仕置きしなきゃいけないでしょ?
高橋     (なまえ)
高橋 あなた
ピエロ役?
道枝駿佑
どっちがいいか選びなよ
高橋     (なまえ)
高橋 あなた
え?
道枝駿佑
今すぐ中学部会に行って
芸でもやってみんなを笑わせたら
今日の無礼は許してあげるよ
高橋     (なまえ)
高橋 あなた
は?
道枝駿佑
もしそれも嫌だって言うなら
明日にでも学校から追放する
はぁ!?
道枝駿佑
ウチ名門校でしょ?
アンタも必死で
勉強してきたんだろうけど
俺に従わない奴はいらないから
道枝駿佑
ねぇどうする?
高橋     (なまえ)
高橋 あなた
…………イヤ
高橋     (なまえ)
高橋 あなた
あんたになんかに従いたくない
道枝駿佑
あなたちゃんさぁわかってんの?
転校して1日で退学だよ?
親、泣くんじゃない?
どんな噂流されるかわかんないよ?
高橋     (なまえ)
高橋 あなた
……いいよ
高橋     (なまえ)
高橋 あなた
明日まで待ってくれるなら
明日までにできることやり尽くすから
高橋     (なまえ)
高橋 あなた
じゃあね
道枝駿佑
…………
道枝駿佑
……藤原
藤原さん
はい
道枝駿佑
あの子の家まで行って
藤原さん
かしこまりました