無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

危険
「この指輪を知ってる人が
全ての秘密を握っている」



「探すんだ………………」
紫子先生
あなた!!!
高橋     (なまえ)
高橋 あなた
!!!( ゚д゚)ハッ!!!!
高橋     (なまえ)
高橋 あなた
…………紫子先生
緑子先生
もー!
男の子に運ばれて「星空の家うち」に
戻ってきた時心臓止まるかと思ったわ
高橋     (なまえ)
高橋 あなた
男の子………?
緑子先生
ええ
黒いパーカー着たかっこいい子
同級生なの?
駿……くん?
紫子先生
あなた、昼間薬はちゃんと飲んだの?
高橋     (なまえ)
高橋 あなた
う………あ………あの………
色々あって忘れちゃって………
紫子先生
(´Д`)ハァ…
………あなたの病気にとって
決められた時間以外に眠ることが
どれだけ危険なことかわかってる?
高橋     (なまえ)
高橋 あなた
………はい
紫子先生
主治医の私とした約束は守りなさい
薬は絶対に飲むこと!わかったわね?
高橋     (なまえ)
高橋 あなた
はい………
緑子先生
さあさっ
ご飯の時間よ!
紫子も食べていく?
紫子先生
姉ちゃんが
作ったものじゃなければ
緑子先生
なにー!?
ゆうとくん(8)
緑子せんせーたち~
ごはんだよ~はやく~
私が生きられるのは あと1年





その間に絶対知らなきゃいけないことがある

立ち止まってる暇なんかないんだ!