無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

585
2021/07/23

第5話

🌙
結局そのまま無言で私の家まで送ってもらった。
























女の子なんて友達かもだし、

















取引先の人かもだし、

















後輩かもだし、

















先輩に付き合わされたとかかもだし、
















店長に勘違いされただけかもだし、


















、、、信じたいのに、なんで何も言ってくれないの?

















(なまえ)
あなた
、、、送ってくれてありがと、、、
永瀬廉
永瀬廉
、、、うん、あのさ、
(なまえ)
あなた
、、、
永瀬廉
永瀬廉
店長さんが言ってた事だけど、、、
(なまえ)
あなた
、、、気にしてないから大丈夫だよ笑
永瀬廉
永瀬廉
、、、そう、笑
でも、ごめんな、、、
(なまえ)
あなた
、、、ううん、おやすみ、笑















そのまま急いで家に入りベットにダイブする。

















結局、廉は女の子と言ったのか教えてくれなかったけど、
















気にしてないと私が言った時のあの焦りから安堵した顔。
















(なまえ)
あなた
、、、行ったんだなぁ、、、っ、













辛くて布団をぎゅっと握りしめた。