無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

547
2021/07/24

第6話

🌙
(なまえ)
あなた
ん〜、眠、、、っ、












起きるともう朝だった。


















昨日泣きながら寝たせいか、目は腫れていた。


















(なまえ)
あなた
今日、どーしよかな、、、















昨日は私、考えすぎだったのかもしれない。

















そう思ってお気に入りのワンピースと靴を履いて廉の家に向かうことにした。

















廉のマンションの駐車場に車を止めて合鍵で廉の家に入る。
















(なまえ)
あなた
廉、、、?
永瀬廉
永瀬廉
、、、あなた?!
(なまえ)
あなた
やっほ、来ちゃった笑
永瀬廉
永瀬廉
ごめん、俺今起きたばっかで、、、
(なまえ)
あなた
いーよ笑、朝ごはんは食べたの?
永瀬廉
永瀬廉
まだ、、、笑
(なまえ)
あなた
じゃあ、ちょっとまってて笑









私はフレンチトーストを作り始める。

















その時、















ピーンポーン