無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
651
2021/03/04

第1話

幼なじみ





私には だいすきで ずっと






一緒にいた 5人がいる.

















それは

































ゆうた


ゆうま

ひゅうが

あむぎり

やまと











の 5 にん






5人とは 小学から同じで 幼なじみ













特に ひゅうがにはお世話になった。

















中学の時 家庭環境が酷くなった


家に帰ったら怒られる. 殴られる.

そんな毎日だった.



だいすきだった バスケのマネージャーも
辞めた.








ご飯も食べれなくて






学校も行かなくなった












そんな時 ずっと 一緒に居てくれたのは…























それは









ひゅうが










全て話は聞いたよ。
辛かったな、よく頑張った。
無理しすぎな?俺頼れよ。
やまととかもいるだろ??
など 優しい言葉をかけてくれた






泣きたい時泣いていいんだから。


















私は 思いっきり泣いた.
初めて ひゅうがに
今まで思ってた辛いことを
話した ,過呼吸にもなった

ひゅうがは. 抱きしめながら.
背中をさすって 落ち着かせてくれた。



______________________

ひゅうが side


◯◯がマネージャーを辞めたと聞いた 。
顧問の先生は 〝勉強に集中したいから〟 辞めた
と言ってたが 頭のいい ◯◯ はそんなわけなかった

教室であっても 笑顔がなくて 辛そうだった 。

いつの日からだろう 。
学校に来なくなった 。
心配で連絡したけど

〝大丈夫〟 だけの一言だった 。

俺は 絶対なんかあると思って
顧問の先生に はなしを聞いた 。


…話を聞いたあと ダッシュで
◯◯を探した 。

公園で泣いてる◯◯を見つけた
______________________






















時はがれ 高校生になった .



















みんなと別々の高校にいった 。