無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

計画No.19
僕の思いは、届かない。






頬を赤らめて走ってく姿。






なんか、絵になるな。










こんなこと考えてる場合じゃないのは、分かってるのに。










1番俺が見てきたはずなのに。









徐々に溶け始める氷。












俺の心みたい。弱っちぃな













いつか、俺のものになったら、頬を真っ赤に染めて言ってくれるかな……










「大好きだよ」って









早く俺のものになんないかな……










あれ?いつからだろ。









こんなに独占欲強くなったの……










あぁ、もう。俺おかしいや。













君が好きすぎて、もう病気かな……










「アイシテル」のに……