無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

計画No.28
え、えぇぇぇぇぇぇ




え、ちょっ、えぇ、




行かないといけないのおおお
あなた
あなた
どーしよ……
ンダホ
ンダホ
あっ!
ンダホ
ンダホ
あなたちゃーん!!
あなた
あなた
ん?

あっ!
あなた
あなた
だほちゃぁぁぁぁん
ンダホ
ンダホ
どうしたの?
あなた
あなた
ちょっと、ね。
ンダホ
ンダホ
そっかぁ。
ンダホ
ンダホ
悩み事なら聞くよ?
あなた
あなた
んふふ
ンダホ
ンダホ
どしたのw
あなた
あなた
ありがと
あなた
あなた
大丈夫
ンダホ
ンダホ
そぉ?
あなた
あなた
じゃあね~
ンダホ
ンダホ
ばいばーい






















はぁぁぁ




天使。

































それどころじゃねぇな。






どーしよぉぉぉぉ
あなた
あなた
まずは謝らないといけないでしょ、
でもなんて言うかなぁ………………ブツブツ



ドンッ




あなた
あなた
えっ
あなた
あなた
すみません……あ、
みやかわくん
みやかわくん
あ、
あなた
あなた
ご、ごめん






グイッ


















背中が誰かにハグされてる感覚




頭の上にあごがあって、
体制を変えたと思えば右肩に顔があって、




心臓のドッドッドッって振動が伝わってきて、



吐息が耳にかかって恥ずかしさを増していって、、、
あなた
あなた
ちょっ、
みやかわくん
みやかわくん
俺さ、
あなた
あなた
何言って…




ドンッ壁ドン





みやかわくん
みやかわくん
ごめん、でも……












.




みやかわくん
みやかわくん
嫉妬で狂いそうだよ。



















.
りな
りな
あ、
あなた
あなた
あ、
りな
りな
ご、ごめん
タッタッタッ
あなた
あなた
あ、待って
みやかわくん
みやかわくん
あ、行っちゃったよ……




タッタッタッ
あなた
あなた
ちょっ、待ってよ…速いって…
りな
りな
相変わらず、足おっそ
あなた
あなた
はぁ?
りな
りな
覚えてない?
あなた
あなた
え、






- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


こんにちわんこ

どーもれもんです。はい。







たいっへん申し訳ありませんんんんん


めっちゃ休んでたね。




反省してます。







いろいろとありました。(秘密)









まぁ、いいでしょう。


























🚨ここからは見なくて結構です🚨








さぁ皆さん話は変わりますが、見届けましたか


えいちゃんを


私は授業中だったのですが、


空を眺め、





「行ってらっしゃい」





と、心の中で呟きました。はい。


今日はよく晴れてましたね。


明日はほとんどの所が雨らしいですね。


もしかしたらえいちゃんが泣いてるのかもですね。


変な事言ってすみません。


なかなか実感のわかないもので、


もうあの笑顔を画面の中で見ることが出来ないと思うと


涙が止まらないのです。


すみません。







お別れ会皆さんは行きますか?


私は行きません。ていうかいけません。


行かれる方はマナーをしっかりと守ってください。


偉そうですみません。





お別れじゃないですよね。すみません。


いつまでも心の中にえいちゃんはいます。


ずっと、見守ってくれてます。


改めて、大好きでした。


いや、大好きです。








見て頂いた方ありがとうございます。




































ばいばーい