無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

計画No.4
シルク
シルク
なぁなぁ
あなたちゃん先生に呼ばれてるぞ。
あなた
あなた
えっ?なんで?
シルク
シルク
荷物運んでほしいって
あなた
あなた
あ、うん。わかった。
みやかわくん
みやかわくん
早く帰ってこいよ。
あなた
あなた
はぁーい
あなたとシルクは荷物を運んでいます。
あなた
あなた
意外と重たいね。
シルク
シルク
そうだな。
シルク
シルク
とっところでさ
あの三人とは、どういう関係なんだ?
あなた
あなた
う~ん。幼なじみだよ。
家が近くて、小さい頃からずっと一緒なの。
シルク
シルク
そうなんだ。
あなた
あなた
でもシルクもフィッシャーズのみんなとは幼なじみみたいなもんでしょ?
あなた
あなた
いいよね。たくさんの幼なじみ。
シルク
シルク
おっおう
あなたがわざとこけそうになる。
あなた
あなた
キャッ
シルク
シルク
あぶねっ
シルクがあなたを支える
シルク
シルク
わっわりぃ
あなた
あなた
ううん。ありがとう
シルク
シルク
おっおう(〃ω〃)
あなた
あなた
じゃあまた後でね
シルク
シルク
じゃあな
シルクは角を曲がり立ち止まった
シルク
シルク
(やっやべー。さわっちまった。でもいい匂いだったな。)
立ち止まりにやけるシルクをあなたは見ていた。
あなた
あなた
(まだまだよあいつらも惚れさせないとね)















悪魔の笑顔の悪巧み






天使に見えたら君の負け