無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
364
2020/09/04

第1話

1人で死にたかったのに
私に友達はいない
家族は私が嫌い
私の居場所はない
ごめんねころんくん
私は学校の屋上の入口
下には人はいない
壁がある……
そこに落ちれば誰も傷つかない
誰にも害はない
私は、目の前の空の世界へ
走り出した。
私にどんどんと迫ってくる空
もうすぐで開放される
ころん
ダメだ!!!!!!!!!!
走ってきて私のことを止めるころんくん
なんでここに!?
あなた
やめて!!!!!!!!!!
あなた
離して!
あなた
いやだ!!
あなた
死にたいの!
ころん
ダメに決まってんだろ
あなた
いや!
1歩踏み出した私を掴んだころんくんも
一緒に

























_____落ちていった___________
私たちは










































































































































































_____死んだ____________⋆.*⃝̥◌̥