無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

329
2020/09/07

第3話

まさかの!?
(ころん)
僕は昼間肩をぶつけた女の子を家に連れて帰った
ころん
どうしよ起きない
ころん
おーい!!!!!!!!!!
ころん
ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!
あなた
んっ?んん〜
ころん
あっ起きた
あなた
おきたぁー
あなた
てかなんであなたが!?ここどこ!?
ころん
ここは僕の家
ころん
君が終電まで寝てたから
あなた
え……
あなた
なんで寝てんだよ私!!!!!!!!!!
あなた
ごめんね!今すぐ帰る!!
ころん
あっ待った待った、ここは終電の方だよ?
ころん
君遠くないの?
あなた
へ……
あなた
あ〜!!どうしよう!
ころん
学生だよね?
あなた
あっうん
ころん
僕もなんだ
ころん
明日は土曜だし休みじゃないの?
あなた
休みだよ!!
ころん
よければ僕の家に泊まらない?
あなた
えっとあの…いいの?
ころん
いいよ!
あなた
あっ、じゃあよろしく
ころん
遅れたけど僕はころん高校二年生
あなた
え……わ、私はあなた高校二年生
ころん
あなたって言うんだ…
まぁ今あなたって名前の子沢山いるらしいし
それだけで怪しむのも甘いな
(あなた)
まさかのころんくんだったりして
でもな〜
意味わかんない!
それにころんって名前の子いないぞ?
あーもーでもいるかもしれないじゃん!
これで決めつけるのも甘いな!!!!!!!!!!
(あなた・ころん)
あの人だけは絶対見つけ出す
ころん
お風呂どうぞ
あなた
あっでも服が……
ころん
大きいし、多分大丈夫だと思うから僕の上着着る?
あなた
いいの?
ころん
うん
あなた
じゃあ借りるね!
ころん
はーい
風呂から上がった
あなた
あ、ありがとう!!!!!!!!!!
ころん
いやいいんよ、僕も入ってくる
あなた
りょ
スマホ触ってるうちにころんくんも出てきた
ころん
あ〜お茶サイコー
ころん
あなたも飲む?
あなた
うん!ありがとう!!!!!!!!!!
あなた
(/◎\)ゴクゴク
ころん
ねぇそろそろ寝る?
あなた
あっ、うん!!!!!!!!!!
ころん
どうした?
あなた
いやー親とかいないのかなーって
ころん
いないよ……中学生の時から……
あなた
いいな……
ころん
なんで……?
あなた
私の家は虐待しかないから……
あなた
いない方がいいんだ……
あなた
ま、まぁ親によるけどね!
ころん
そうなんだ……
そうだ……私の家には虐待しかない
あなた
今は一人暮らし始めたから大丈夫!!!!!
あなた
寝よ寝よ!
ころん
あっうん……
(ころん)
僕は信じたくなった
この人があなたであるということに
寂しいはずなのにずっと笑顔でいる君……
少しおっちょこちょいなところがある君……
僕の隣で前世と同じように笑ってくれる君……



人の家にホイホイと入っていってしまう君……



何度危ないって言っても聞かなかったな
顔も声も見た目は違うけど
あなたなのかもしれない
だけど、何があろうと僕が守りたい
今度はもし君があなたじゃなかったとしても
僕は死なせない
もう嫌なんだ
誰かが死ぬのは
それなら僕が死にたい
あなたは前世の死ぬ前に
『もし、生まれ変わることが出来たら゙愛される子゙になれますように』
あなたは毎日のように言っていた
この時僕が愛してあげたいと…思ってしまった……









































































































____でももしかしたら


僕はもう________




________愛してしまっていたのかもしれない________❁⃘❀