無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

あにゃん
ねぇねぇさとみくん、
さとみ
なに
あにゃん
家に帰りたくないです
さとみ
なんで、今どこにいんの
あにゃん
父親の家にいる
さとみ
あーね
あにゃん
もういろいろ嫌になった
あにゃん
辛い
さとみ
お前は何したいの
あにゃん
消えたい、世界から私がいた証拠を全て消したい
さとみ
そっか
あにゃん
死にたいんじゃないの、ただ生きる意味が見つからない
あにゃん
生きている意味がない
あにゃん
家族とか友達には言いたくないけど慰めてほしい
あにゃん
ハグしてもらいたい、頑張ったねって言ってほしい
あにゃん
私は頑張ってないけど、でも肯定してほしい
さとみ
俺自身の気持ちを言うことはできないけど
さとみ
お前を必要とする人は必ずいるって思っとけばいい
さとみ
それが顔の見えない、素顔もわからない人でも
さとみ
願っておくんだよ
さとみ
自分を肯定してくれる、必要としてくれる、気持ちをわかってくれるって
あにゃん
今私が生きているのはさとみくんが、すとぷりがいるから
あにゃん
でも私、すとぷりがいなくなったら生きたくなくなる
あにゃん
私もいざ命を絶つってことになると怖いの
あにゃん
何回もやろうとしたけど、怖くて出来なかったの
あにゃん
私も、死にたくはないよ
あにゃん
だからお願い、さとみくん達は絶対に消えないで…お願い、
さとみ
うん、わかってる
あにゃん
死にたいって思わせないで、どこかに行かないでね