無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

ふがたく2



学校に着きましたー












モブ( やばい!!拓哉くんと風雅くんよ!!)


モブ( あなたちゃん可愛いよねぇ)




風「 あなた~そのパンひと口ちょうだい」



『 えぇ。やだ。(もぐもぐ)』



拓「 もーらいっ(ぱくっ)」



『 あぁ!へったぁ~』



風「 おれも(ぱくっ)」



『 あぁ!!』



「 俺らもお腹すいてるんですー」



なお「 wwww」



『 もぉ~。』


風「 またな後でな」



『 二度と会いたくないわ』←パンの恨み( )



拓「 かなしー(泣き真似)」



モブ( あなたちゃん!ちょっといい?)



『 ん?』



風「 (あなたと肩を組んで圧をかける)」


拓「 (反対側から肩組んで圧をかける)」



モブ( 、、、、やっぱりなんでもありません😅)



『 あ、そう?わかったー』





タッタッタッ





『 なんだったんだろー』



風「 何かあったのかな」←お前のせい


拓「 ほんとにね」←お前のせい



なお「 wwwww」
































授業中











うざい先生(以下うざT)
(あなた!この問題解いてみろ)



『 え、分かりません』



うざT「 なんで、お兄ちゃん達は優秀なのにあなたは馬鹿なんだろうねw」




『 兄と私は違うので☺️』



なお「 (ふがたくに頼まれてこっそり動画を撮っている)」



うざT「 あなた、すっごくウザイのよパンッ(ビンタ)」



『 ッッッッタ(泣)』



うざT「 そんな強く叩いてないわよw
弱いわねぇwww」



なお「 せんせー!この動画校長に見せますね☺️やだっ、優秀な先生だと思われてたのにぃ一気に印象悪くなるし暴力!?ニュースになりますね☺️それより怖いのはあなたのお兄さん達ですよ☺️」




うざT「 なっ、」




なお「 学校に送信とあと、あなたのおにぃ達に」



『 (泣)』



なお「 あなた大丈夫だよ。すぐ来ると思u」



ガラガラガラッ


「 あなた!!」



なお「 ほら」



風「 あなた?顔見せて?」


『 いたい。いたいよぉ(泣)』



拓「 腫れてるじゃん、、、」



風「 痛いねぇ大丈夫だよ~保冷剤取りに行こっか!」


拓「 後は、お兄に任してな?」


『 うん(泣)』




















拓哉side




















まじ、こいつあなただけにあたり強すぎんねん










『 先生w何してくれるんですか。
うちの大事な大事な妹に』



うざT「 それは、あなた達のためよ」



『 は?』



うざT「 あなた達成績優秀なのに
妹のあの子は馬鹿じゃない?だから
あなた達の評判を悪くしたら行けないと思ったのよ」




『 ふはっwww







































余計な迷惑だっつーの(低トーン)』





モブ( ゾクッ)














『 先生どうします?この動画。
校長にはもう行ってるからクビは決定ですね。
警察にでも、提出しようかな。』



うざT「 わ、私は悪くないわよ。
全部あなた達のためにしたんだから」



『 だから、頼んでねぇつってんだよ!(大声)
なに?それでも、自分は悪くないって言うわけ?』



うざT「 悪くないわよ。」



『 あぁ。そうですか。じゃあ、裁判しましょうか?警察に届けて裁判起こして
ははっwwこれじゃあニュースになりますねw
どうします?日本の笑われ者ですよww
生徒に手出したくせに悪くないと言い張る
馬鹿教師ってねwwwwww』



うざT「 この、生意気なっ(叩こうとする)」



『 おっと(よける)俺にも手出しますか?
なお、動画撮ってるよな』



なお「 もち」




『 これは、生徒に言い負かされ返す言葉がなく暴力を振るう雑魚教師って報道かな?www』




うざT「 なっ、、、、、」




『 二度と俺らの前に現れるな(低トーン)』




































ダダッ














『 はっwクズめ』



なお「 警察に送っとくな」



『 よろしく。んじゃ俺保健室行くわ』































あなたside







先生に叩かれた


いたい。












風「 痛かったなぁ。大丈夫やでぇー
拓哉がどうにかしてるから」


『 うん』



風「 はい、保冷剤冷やしときー」



『 ありがとー』











ガラガラガラッ





拓「 あなた?」



『 お兄』



拓「 先生はクビになったw」


風「 当たり前」



『 よかった。ありがとう』
















































「あなたがお礼言うこと無いんやで






















だって、俺らの大事な大事な妹やねんから」