無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

伊藤、翔真 篤志
私は


翔真と篤志の姉



伊藤あなたです。


















あちゅはね、おかんにもうちにも甘えてくるけど


しょうまはね、うちにしか甘えて来おへんねん





かわええ♡♡(姉バカ)













翔真「 おねぇ~ちゃん!」


『 ん?』


翔真「 高校楽しい?(膝の上座る)」


『 んー。普通かなー翔真は?学校楽しい?』


翔真「 今はね、お仕事の方が楽しい!」



『 そっかーあちゅと仲良うしてる?』



翔真「 仲良くしてるよー」



『 えらいねぇ~(ぎゅぅ)』



篤志「 あっ!僕のお姉ちゃん!」



翔真「 僕のやし!篤志はおかんの所にでも行ってきたら!(ぎゅっ)」





はい、始まりましたー



お姉ちゃんは僕のだ選手権←




どっちのものでもないねんけどなw








でもさぁ。こんな可愛い弟達に


取り合いっこされるとか


幸せすぎひん?←





翔真「 篤志にはオカンがおるやろ!」


篤志「 オカンもおるけどお姉ちゃんもおるの!」


翔真「 そんなんずるい!どっちかにしいや!!」











wwwww



翔真はオカンには甘えへんもんな。










あちゅにおかん譲って


うちのとこ来たら


うちもあちゅに取られるしって感じよな

















翔真はずっとうちの膝の上座ってて

それを下ろして乗ろうとするあちゅ














篤志「 翔真早く降りて!!ここ僕の!!」←違う



翔真「 僕が先に座ってた!」



篤志「 おかーん!!お兄ちゃんがーー!!😭😭」





翔真「 あ。(ぎゅう)」





オカンが来るぞーwww
















おかん「 翔真お兄ちゃんなんやから変わってあげなさい」


翔真「 、、、(降りようとする)」


『 おかんw翔真ばっかに我慢させたらアカンで(膝の上乗っける)あちゅ反対側においで』



篤志「 いや!どっちもに座りたい!」



『 それはダメ!!翔真も我慢してるんやからあちゅも少し我慢しなあかんで!』



篤志「 、、、分かった。(半分座る)」


『 おかんこれでええやろ』


おかん「 いい姉になったなw」


『 おかげさまでw』




















あの後2人は


うちの膝の上で



寝ました













『 二人とも服掴んで下ろさしてくれんのやけど』←































2時間ぐらいそのままの体制で



少しきつかったあなたでしたw