無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

道枝駿佑

当日。













私も、午前勤務で、


午前中は居るから。普通に仕事します。












看護師長「 道枝さん!あなた今日、駿佑さんと患者さんの面会でしょ!?早く行きなさい!!」




『 はっ!はいい!!!!』








そうだった、忘れてた。





演技、、、しちゃおっかなっ( ≖͈́ ·̫̮ ≖͈̀ )ニヤァ









道枝「 おそい!」



『 ごめんなさぁい。』



道枝「 いぐぞ。」


















道枝「 中田さん初めまして。担当医をさせて頂きます。道枝駿佑です。」



『 看護師の道枝あなたです!』



中田「 同じ、苗字なんですねw」




いつも、ここで、結婚してます!とか言うけど。


だまっとこっ





『 (゜∀゜)ハハッ たまたまなんですよ〜』







ふんっ。知らないもんね。



妻の誕生日にオペ2件もいれる旦那が
どこにいるかっつーの。

しかも、忘れてたしね。


























午前勤務終了。ここからは、ちいちゃんに任せるしかない








































ちいちゃんside






どーもー。ちいちゃんこと、

澤田ちあきです!




あなたと道枝は高校時代から一緒だけど。



道枝は最初、あなたのことめちゃめちゃ嫌ってたのよ。



まさか、結婚するなんてねー。さすがあなたって感じだわ。




でも、あいつ、あなたの誕生日に

仕事なんて、あなたが可哀想じゃん!?


だから、私が、やってやるのよ!!いくわ!!

























看護師「 澤田さーん。2番診察室にお入りください」




『 はい〜』












道枝「 澤田ちあきさんですね。」



『 えっ。道枝!』



道枝「 あぁ、あなたの、友達の、」



『 あんた、なんで!?さっき、あなたと歩いてたじゃない!?』



道枝「 は?何の話だよ。」



『 え、私の見間違いか、いや、でも、あなた!男と歩いてたよ!?楽しそうに。遠目だったから、あんま、わかんなかったけど。腕組んでたし、てっきり、道枝だと、、、』



道枝「 あっそ。で、どこが悪いの」



『 なんか、昨日から、熱っぽくて。』















やってやったぜ!!!

























あなたside





さっき、ちいちゃんから、


連絡あって、バッチリだって!!!



たのしみー。どんな反応すんだろ。













プルルルルルルルップルルルルルルルッ





でんわだ!





おばさま「 はいぃ、道枝です。あら!お兄ちゃん!?どーしたの?あなたちゃん?出かけてるわよ?あなたと出かけたんじゃなかったの!?だって、あなたちゃん。すっごい、はりきって、お化粧してとびっきり、お洒落してでてったわよ!?てっきり、おにいちゃんが、お休み取って出かけるのかと、、、、、そぉ、お仕事、頑張ってね、」



ガチャッ

















『 おばさまwちょっと、盛りすぎじゃありません?w』



おばさま「 なにいってるの!!お兄ちゃんには、これくらいしとかないと!」




『 あはwなんか、怖いなーー。あはwあはは』



















NEXT