無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

檜山光成


こんにちは!あなたです!




今。ひやまとペットショップ来てます!














『 ねぇ!ひやま!!かわい!!といぷー!』




「 いやさwwいい加減さ。光成って言ってくんない??w彼氏なんだしさ」




『 いやぁ。ひやまがしっくりくるんだよね』



「 でもさ!織山は!」




『 なお』



「 なんで!?彼氏の俺は苗字なのに友達の織山は下なの!?」



『 うーん。ゴロ?』(



「 うぅ(๑o̴̶̷̥᷅﹏o̴̶̷̥᷅๑)」



『 かわっ!!ポメかわっ!!』(気づいてない




「 (すっごい犬ばっかだし。苗字呼びだし)」



『 ひやま!!みて!よーくしゃ!わぁ!!ハムスターコーナー!!』



「 もう知らない!」(家に帰る)←






『 え?え?トイレか!』←鈍感か!!(







































『 檜山トイレ遅くね?』(ちがうからね)




(なまえ)
あなた
ひやまー?トイレ長くなーい?
こーせい
こーせい
いえだよ
(なまえ)
あなた
え!なんで!?
(なまえ)
あなた
ねーえーなんでーー既読無視するのーー


『 家行くか。』














































ピンポーン











ガチャッ




「 なんできたのっ」



『 なんでって。気になるじゃん?』






















『 ほんで!どうしたの!?』




「 こんなこと言いたくないんだけど」




『 何。年下なんだから遠慮しないで!』




「 嫉妬した」





『 だれに!?』←




「 織山と犬」




『 イッヌ\(^^)/』



「 笑わないで!」




『 イッヌに嫉妬してどーすんの!?ww』




「 かわいいかわいい。言われて」




『 なに!?ひやまもかわいいかわいい言って欲しいの!?』





「 その。ひやま呼びも納得してない!」




『 じゃあ。なんて呼んだらいいのさ』




「 光成!」




『 えぇ。こうくんじゃだめ?』




「 なんで!」




『 あのね。私のことなんだと思ってるの?』




「 彼女?」




『 恥ずかしいんだよ?』





「 ドッキン」





『 口で言うものじゃありません』





「 えぇ!あなたも恥ずかしいことあるの!?」




『 私をなんだと思ってるのやら』←



「 かわいかわいい!こうくんでいい!!」(




『 そして。私の中ではひや、、、こうくんがいちばんだから。嫉妬しないの!』




「 うーん。でもやっぱり心配になる?」




『 そんなの。私だってあるよ?
私が3個上だから。同級生の子じゃなくていいのかな?とか。こうくんはジャニーズもしてるから。ファンの子とかでもっと可愛い子だっているだろうし。私なんかがかのじょでいいのk(チュッ)!?!?!?!!?!?』





「 俺は。あなただから。付き合ったんだよ?
今まであってきた女の子の中でいっっっっっちばん!かわいいと思ったし。自分に合う!!って思ったから。俺から告白したし。あなた以外考えられないから」





『 わぁ。男らしっ』




「 俺真面目なんだけど!?www」



『 ふはwwありがとね』




「 これからも。よろしくね?」




『 もちろん!こちらこそ』(はぐ)





















恋って難しい(誰)