無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

道枝駿佑

私には彼氏がいます!



学年一のモテ男です。












( みちえだくぅん。今日放課後あいてるぅ?)





ぶりっ子が今駿に話しかけてます。







「 ごめん。今日予定あるから。」





そーいや。今日。うち来るって言ってたわー





( えぇ。えみりよりぃ大事な用事とかァあるのぉ?)(名前被ってたらごめんなさい)




彼女優先だろ!!!




『 ねぇ。私の彼氏なんだけど。』



( えぇあなたちゃんが彼女なのぉ?ぜったぃえみりのほうがぁみちえだくんにぃふさわしぃ)





むっかつく~。こいつ





『 人の彼氏に。ベタベタしないでくれる?
しかも。今日の放課後駿はうちに来るの。予定あるって断られてんだから。さっさと諦めろよ。』





(きゃぁ。こわぁい。みちえだくぅん。なんでこんなぁこわぃおんなのことぉつきあってるのぉ?ぜったぃえみりのほうがぁやさしいしぃいいとぉもぅ)





「 ごめん。俺の彼女けなさないでくれる?人のこと。悪くしか言えない女とは付き合えない。」





(うっ。もぉしらない!!)















『 へっ。なんやあいつ。』




「 お前が彼氏みたいになってどうすんねん」




『 え?』



「 普通は。女がほかの男に言い寄られて。彼氏が助ける!なのに。なんで。俺が女に言い寄られて彼女に守ってもらうねん。普通逆やろ。」






『 なに?拗ねてんの?ww』



「 拗ねてないわ!」




『 すねてるやぁん。かわいい~』





「 うぅ。俺が守る側がよかった」





『 じゃあ。今度。わざと。なんぱされるわ。』





「 それとこれとは。ちゃう」





『 そ?ww』









































平和(?)な道枝カップル。