無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

高橋恭平
「 やっぱ俺ってイケメンやわ」

『 いや、みっちーの方がかっこいいで』

「 かっこいいのは、道枝だかも知らんけど
イケメンなんは俺やから」

『 あぁ~みっちーと付き合ってみたい』

「 俺彼氏やん」

『 せやけど。1回でええからあんな、背高くて肌綺麗な美形の人と付き合ってみたいよな』

「 俺じゃ嫌なん?」

『 嫌ちゃうけど。なんとなく?』←

「 ふーん。俺の事好きちゃうんや」

『 いや、好きやで?』

「 え!すき!?俺は、大好きやのに」

『 あなたも、大好きやで!』

「 おれは、愛してる」

『 めんどいわww』

「 愛してるって言って」

『 愛してるよゲームみたいになってるからww』

「 あっ!そや!愛してるゲームしよ!」

『 急やな』

「 照れたら。キスしてな?」

『 じゃあ、恭平が照れたら。うちの好きなとこ3つ言って』

「 OK。どっちから行く?」

『 恭平から』

「 愛してる」

『 あなたも、愛してるよ』

「 俺の方が愛してる」

『 うちの方が愛してる』

「 いや、絶対俺の方が愛してる」

『 あなたの方があいしとーと(上目遣い)』

「 なっ..////」

『 はい、照れたー。イチコロー』

「 方言はやばい」

『 関西人が何言うてんねん』

「 お前も関西人やからな?w」

『 はい。うちの好きなとこ3つ言って』

「 3つでええの?」

『 は、なにその余裕。分かった。3つ言ったらハグしてキスして』

「 めっちゃ増えるwまぁ、ええよ。あなたの事愛してるし」

『 はい!どーぞ!!』

「 1つ目は。かわいい」

『 面食いかて』

「 2つ目は。面白い」

『 関西人やからな』

「 3つ目は。ツンデレなところ」

『 は、ツンデレちゃうし』

「 (ハグ)チュッツンデレやろ?」

『 ちゃうし(ギュー)』

「 ツンデレやんw」

『 もう知らん。(ハグ)』

「 言ってる事とやってる事違いますけど?」

『 大好きやで♡(耳元で)』

「//////」

『 チョロっw』

「 うわっ、サイテー」










































*☼*―――――*☼*―――――

なんか、パクリみたいになっちゃった

ごめんなさい!